スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスタリカ 寒村のマリンバ

コスタリカ、寒村のマリンバ
2066898147_02.jpg
 中米地峡諸国の民俗音楽を特徴づけるのはマリンバ。
 スペインの植民地時代、グァテマラに総督府が置かれた。パナマを除く、現在の中米地峡諸国とメキシコ・チアパス州がグアテマラのアンティグアに置かれた。この地域の酷暑の沿岸部での労働力としてアフリカ西海岸地方から強制的に移入された奴隷によってもたらされた民俗楽器が、マヤ先住民らによって改良されながら独自の発展をみた。現在でもグァテマラではさまざまな行事になくてはならない楽器として国内各地に無数と思えるほど多くのマリンバ・アンサンブルのグループが存在する。
 グァテマラの第二の国歌ともいわれる「シェラフの月」は元々、マリンバ合奏曲だ。そのグァテマラ・マリンバの影響を受けて南の隣国エル・サルバドル、ホンジュラスに波及した。エル・サルバドルの港湾に外国の客船が到着すると、小規模のマリンバ・アンサンブルで迎えられる。さらに南下してニカラグアに入ったマリンバ音楽は現在の民衆歌手カルロス・メヒア・ゴドイらによってヒット曲のなかにも取り入れられている。現在はそれほどでもないがメキシコ・チアパス州のマリンバ・アンサンブル中、進取の気性に富んだグループが首都メキシコ・シティに進出してアルバムを量産していた時代があった。ダンソン音楽などに秀逸なアルバムを遺した。
 しかし、かくも隆盛を誇った中米のマリンバも、グァテマラ総督府からもっとも遠いコスタリカには普及しなかった。これまで幾度もコスタリカに行っているが、ついぞマリンバに出会ったことはなかった。都市部だけでなく先住民共同体にも足を延ばしているであったことはない。

 先日、そんなコスタリカの新聞の片隅にマリンバの1枚の写真が掲載されているのを発見した。下記の写真だ。
 コスタリカ北西部、ニカラグア国境と接するグアナカステ州の田舎町で活動するマリンバ奏者の活動が首都サンフォセの新聞に大きく取り上げれたのだ。そこにコスタリカにおけるマリンバ音楽の歴史が簡素だが記されていた。

 同州のナンダジュレという町で活動する演奏家セラード・クベロ・ビジャロボスの紹介記事であった。アコースティック・ギターの制作で生計を立てる一方、自作のマリンバで演奏活動もつづけながら、コスタリカにもたらされた当時の音楽を伝承している貴重な存在である、と記事は書いていた。
 記事によるとコスタリカへのマリンバ移入は、カトリック修道団フランシスコ会が布教のために用いようとの試みからはじまったということだ。グァテマラ総督府のおかれた現在のグァテマラの古都アンティグア、ここは中米地域における布教の本拠地としてカトリック各修道団が大伽藍を建てた。フランシスコ会の一神父がマリンバを携えてコスタリカに入った。それが起源のようだ。その神父は先住民出身の人であったかも知れない。
 その神父は、グァナカステに入り、そこで定着したということだ。コスタリカとニカラグアが国境を接する地方は現在も先住民共同体が多いところで、カトリック布教はそうした先住民たちに対して行なわれた。
 ビジャロボスの演奏光景を写した写真のなかに、見慣れぬ撥があった。それは打ち弾く部分が小さなひし形の箱のようなもので出来ていた。撥自体がただ弾奏するだけでなく、音を共鳴させるような仕掛けになっているのだ。
 ラテン音楽につかわれる楽器の図鑑のような本は幾つかあるが、そうした本にもいまだ収録されていないと思う。音のサンプルも見つからないので、いまだ未知の音である。ビジャロボス自身が創意工夫したものかも知れない。成熟仕切ったグァテマラやチアパスのマリンバ演奏では、こうした新工夫はもう見られないが、マリンバ音楽の南限の地ではいまも開発途上の楽器であるかも知れない。
 ラテンアメリカでは電気を介在させないアコースティック楽器の改良・工夫は現在もつづいていることを報告したく本稿を書いた。 
スポンサーサイト

中米地峡諸国の音楽 グァテマラ  ガビー・モレノの発信力

グァテマラ  ガビー・モレノの発信力
ガビー・モレノ 中米グァテマラ出身で現在、米国ロス・アンジェルスを拠点に活動するガビー・モレノの露出度が最近、目立つ。
 米国でジャズ・テイストの独自のポップスを歌いはじめてキャリアをスタートさせたガビーだが、最近はラテン系歌手という出自を明確にし、模索しているように思える。
 ガビーについては本欄でも数年前、グァテマラ国歌を高らかに朗唱する実力のある新人歌手と紹介しながら、今後の活動が大いに注目される、と書いた。その予測は当たった。
 着実にキャリアを積み上げ、今年9月には6作目となるアルバム「ILUSION」を発表。ディズニー映画の主題歌「エレナ・デ・アバロール」も収録しヒット狙いも感じさせるが、よりラテン嗜好を明確にした作品になっている。「エレナ~」もラテン系歌手にとってはクリスマス商戦も念頭に入れた曲として収録したのだろう。
 アルバムは米国とグァテマラ双方のスタジオで録音、ガビー以前、二十年前後、同国のポップス界をひとり牽引してきたリカルド・アルフォナも参加。アルフォナも、ガビーの実力に感服しているようだ。そのアルフォナはガビーと自作「Fuiste tu feat」で見事なラブバラードをデュエットしている。そのビデオ・クリップはムイ・グァテマラテコといった感じのイメージにあふれ、それ自体、一級のグァテマラ観光ガイドともなっている作品だった。二人の思いが合致したところで生まれたハートフルな映像でもある。

 メキシコの俗謡で幾多のランチェーラ歌手たちの名唱で知られる「ラ・ジョローナ」(泣き女)をラテンカトリック諸国の“お盆”「死者の日」に合わせ、髑髏のメーキャップで歌いユーチューブに10月25日に発信。たちまち中米を中心に拡散。ラテン歌謡の定番「キサス・キサス・キサス」や、ランチェーラの女王ロラ・ベルトランの名唱で世界的な名歌となった「ククルクク・パロマ」も歌ってすでに大きな賛辞を受けている。リメイク「ククルクク~」は先年、ブラジルのカエターノ・ヴェローゾが歌った名唱を思い出すが、ガビーのそれはカエターノを意識しているように思える。

 アルバム「ILUSION」は13曲を英語とスペイン語で歌いわけているが、それはガビーにとっては自然なこと。母語はスペイン語でも米国を拠点にして活動するガビーの日常会話は英語のほうが多い。そういう歌手が米国には多いわけだが、「けれど」とガビーは強調する。「祖国は私を呼び戻す、私の血がね。コンサートではいつも、『ソイ・デ・グァテマラ(私はグァテマラ人)』と最初にいうわ」と。ガビーが住むロス及びカリフォルニア州にはグァテマラ内戦中に亡命した多くの同郷人が住む。彼らは米国にあってもジャズは聴かない。そんな彼らに寄り添おうと思えば、「ラ・ジョローナ」の世界になるだろう。その泣き女の俗謡に、ガビーは不法越境の難行のなか、国境の川で溺れた子どもをもつ母親の嘆きを託す。
 11月16日、米国ラスベガスで開催されるラテン・グラミー文化基金を創設したサルサ界の大御所となったマーク・アンソニーを称えるコンサートに参加する。

エル・サルバドル 「国民的歌手アルバロ・トレス」の活動

国民的歌手アルバロ・トレスの活動
yjimage (4)
 その頃、能天気ともガサツとも思える中米地峡のクンビアのあいだを抜けるようにときどき、清涼な風のように届く声があった。その声がエル・サルバドル出身のアルバロ・トレスのものであることを知ったのは、首都サン・サルバドルの複製カセット売りの青年からだった。その頃とは、エル・サルバドルが内戦下にあった90年代後半である。

 今年4月、中米エル・サルバドルの国民的、と言ってよい歌手アルバロ・トレスが3年ぶりに新作アルバム『オートラ・ビダ』を発表した。キューバ・ツアー中での発言だった。トレスの名を聞くと、私はたちまちサン・サルの高温多湿の街頭光景が、その暑気とともによみがえってくる。
 トレスにとって2度目のキューバで、初ツアーは2011年に実現している。当時のビデオが残っていてハバナ旧市街を散策中、トレスの存在を知った市民たちが歓迎の思いをこめて彼のヒット曲「ナダ・セ・コムプラ・コンティゴ」を和す場面はなかなか感動的だった。
 エル・サルバドルの歌手としてはじめて音楽大国キューバでのツアーを成功させたことはすでに多くの中米メディアは伝えられている。
 キューバとエル・サルバドルは、現代史において特異な親密性がある。
 1980年代、エル・サルバドルは中米紛争のなかにあってもっとも悲惨な内戦を展開していた。米国のオリバー・ストーン監督の映画『サルバドル』や、近年では『イノセント・ボイス』でも内戦の深刻な状況が描かれていた。本格的な内戦がはじまる前、日本の企業経営者が警察と反政府武装組織とのあいだに起きた銃撃戦に巻き込まれて死去する事件もあった。その内戦下、政府軍に対峙した反政府武装組織ファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)の指導部が避難地として、また負傷者たちをキューバは受け入れていた。内戦後はキューバの医療団が送られ各地で活動した。現在の同国マウリシオ・フネス大統領は内戦後、合法政党化したFMLN出身である。

 今回、トレスのことを記したと思ったのは9月下旬、首都サンサルバドルの女性ガン患者を治療する病院内で、百人ほどの患者を前に小さなコンサートを開いた記事を読んだからだ。
 トレスの全盛期は1980~90年代であった。これまで30枚以上のアルバムを発表しているが、その大半が祖国での自由な活動がゆるされない時代の制作であった。おそらく平穏な時代であれば、母国エル・サルバドルだけでなく中米諸国でのセールスは飛躍的に伸びたはずだが、社会状況がそれをゆるさなかった。
 トレスの歌には社会性は希薄だ。おだやかなポップスであり、基本的にボレロだ。内戦下のエル・サルバドルでは大衆は各地に拠点をかまえるローカルなクンビア・バンドのリズムに乗せて踊っていた。トレスにもクンビアやレゲェのテイストを取り込んだ歌がある。しかし、そうしたリズムを使いながらも、すべて、おだやかなトレス節に仕立てる、そんな歌手だった。戒厳令下の夜、外出が禁じられた家のなかを癒す音楽にトレスの愛の歌があったのだ。同国がもっとも苦難に満ちた時代の民衆によりそった癒しであった。 女性ガン患者を前にしたアットホームなコンサートは国内ツアーを準備中の出来事であった。  

中米地峡諸国の音楽  パナマ運河“賛歌”

パナマ運河“賛歌”

 ラテンアメリカ諸国への関心がリオ五輪の開幕に向けたさまざな話題に集約されていた頃、太平洋と大西洋を繋ぐ海の大動脈パナマ運河の拡張工事が終了、盛大な祝賀イベントがパナマで行なわれていた。そしてパナマ音楽界はこれを祝ってさまざまな祝賀賛歌を書き歌っていた。いまもその余韻のなかにあるだろう。
 1914年、当時の米国の技術力、蒸気機関の創意工夫、感染医療の普及、そして綿密な工程、つまり国力そのものの統合性によって建設されたパナマ運河は20世紀最大の土木工事の成果といわれた。それから100年、船舶は巨大化し、大海を行き交う物量は飛躍的な拡大を遂げた。そして、パナマ運河は手狭な施設となっていた。拡張をメインとする21世紀の海運にふさわしい運河が要請されていた。拡張工事そのものは〈1999年12月31日正午〉に米国からパナマに返還される以前からあった計画だ。
 約10年を費やして完成したパナマ新運河の総工費は55億8100万ドル(5916億円)だった。今後、この厖大な工費を回収するため通航量の増大、そして通航料金の大幅な値上げが必要といわれる。
 エリカ・エンデル
 パナマ新運河の完成を祝って、たとえばセリア・ディオンによく似た人気ポップス歌手エリカ・エンデルが自作自演した『私の運河』という賛歌を発表。
 「さまざま言葉が行き交う運河、世界の結びつきを強める運河、わたしたちの未来のために~」と手放しで新運河の開通を祝う賛歌。バジェナード・アコーディオンで味つけした民族色の濃い歌。加えてエリカは、サルサを取り込んだ『エル・ルガール・ケ・メ・ビオ・ナセール』もつくり、そこでは、新運河を同国各界各層が祝うという、すこぶる愛国主義的な内容でビデオ・クリップをみると独特の民族衣装や手芸モラの担い手として有名な先住民クナ族なども登場する。
 パナマ運河は、これまで幾度もパナマの歌手たちによって歌の主題されてきた。
 最近では、運河開通100周年を祝った2014年、米国からの返還があった1999年、加えてパナマの英雄、故オマール将軍治世時代、米国から運河の返還を実現させるため国民の民意を統一しようとする民族運動のなかから自然発生的に生まれた民衆歌など、たくさんの作例がある。
 パナマ最大のスターで、日本にも多くのファンがいるサルサのルベン・ブラデスも返還前の代表的なアルバムで、運河建設に従事した西インド諸島出身の労働者のなかに父親がいたことに触発された「ウエスト・インディアン・マン」を自作自演している。
 パナマの音楽家にとって「運河」の存在はさまざまな意味で創作の源泉のようだ。  

中米ホンジュラス 『WENDETI  NAGAIRA』

 wendeti-nagaira-679x453.jpeg
 いま、中米ホンジュラスで評判になっている構想のおおきな歌、そしてビデオクリップがある。『WENDETI NAGAIRA』。
 同国カリブ沿岸に点在した共同体をもつアフロ系ガリフナ族の言葉で「私の大地はとても美しい」の意。作詞作曲、そして歌のはマヌ・マルティネス。

 ホンジュラス、といっても、にわかにイメージできる日本人は少ないと思う。サッカー・ファンならリオ五輪では中米カリブ地域から勝ち上がり、アジアの強豪・韓国から勝点をとり、ブラジルに粉砕された国とイメージされているかも知れない。中米地峡諸国のなかではコスタリカと並ぶ強豪である。両国のナショナルチームにはいつもアフロ系選手が躍動している。コスタリカのアフロ系選手はジャマイカなど西インド諸島から流れついた祖先をもつが、ホンジュラスのアフロ系選手はスペイン植民地時代の初期から、そこで暮らすことになったガリフナ族が大半だろう。そのガリフナ族は古いアフリカ西海岸地方の音楽を移植し、ホンジュラス・コスタ地方の伝統音楽としてプンタを伝承させた。この国の音楽の大きな滋養である。『WENDETI NAGAIRA』にも反映されている。

 マヌ・マルティネスは、2014年、同国制作された劇映画『ウナ・ロカ・ナビダ・カトラチャ』で音楽を担当したことで一躍、全国区の人気者になった。喜劇で、庶民の姿をクリスマスという一年でいちばん家族・親族の出入りが多い季節を舞台に、楽あれば苦もある生活の機微を描いた佳作。クリスマス映画ということもあって中米諸国ではお馴染み定番クリスマスソングが随所に挿入されていて、それだけで音のアルバムといった貴重な作品なのだ。
 ホンジュラスで「ご当地」映画としてヒットした。その映画を制作したシン・フロンテーラス・スタジオが『WENDETI~』のビデオ・クリップを制作した。日本ではほとんど知られることはないが、ホンジュラスでも劇場用映画が制作されていて、この9月にはスペイン大使館の広報センターである市谷のセルバンテス文化センターで3本のホンジュラス映画が公開される予定だ。

 マヤ系先住民が多い内陸部、先住民と西欧人との混血ラディーノ、そして沿岸部のアフロ系ガリフナ族。さまざまな血が交じり合い、多様な文化が共存し、自然の恵み豊かな国、それがわがホンジュラスという祖国賛歌が『WENDETI~』のコンセプトだ。
 1992年、コロンブスの「新世界」到達500周年を記念した年、メキシコ、というよりラテンポップス界を代表するルイス・ミゲルが壮大な構想で歌い上げた『アメリカ、アメリカ』があった。欧米目線でない、「新世界」からの自己主張、宣言ともいえるドラマチックな気宇壮大な歌で当時、スペイン語圏諸国で繰り返し流されていた。
 ミゲルがうたった「アメリカ」は無論、南北アメリカ世界への賛歌であった。しかし、それはすべて西欧音階で書かれ、アメリカ先住民やアフロ系音楽への配慮は残念ながらなかった。マルティネスはガリフナの民俗音楽、マヤ系の音色を交えることによって一曲のなかに多様な要素を盛り込むことに成功した。
 マヤ系先住民を象徴する縦笛の独奏、オーケストラの弦楽合奏はスペイン文化を象徴し、ガリフナ族の民族音楽プンタがフィスタの高揚感を演出し、ポップスへの変調、さらにジャズ性まで加味し違和感なく流麗かつリズミカルに流れる。
 カリブ沿岸の町セイバの浜、紺碧の海と空を悠久のホリゾントをステージとして、肌の色が違う音楽家が50人以上集まって演奏するビデオは圧巻だ。『WENDETI~』は近年、中米諸国が生んだ作品として筆頭にあげたいものだ。 

ニカラグアの「上を向いて歩こう」 ~永六輔さん追悼

ニカラグアの「上を向いて歩こう」

 外国で暮し、現地の人と親交深めるために座を盛り上げようとするなら、「上と向いて歩こう」を披露するがいい。まだ、名と顔がいっちしない人も、和してくれる可能性が高い歌、それは坂本九さんが歌った「スキヤキ」、上を向いて歩こう、しかない。

 永六輔さんが昨日、死去された、というニュースを聞いて私はたちまち1992年10月、日付けは忘れたが、マナグアのイエスズ会系の大学の講堂の一夜に引き戻された。中米地峡の小国ニカラグアの首都マナグア、10月とはいえ日中はTシャツ一枚でも汗ばむ暑気に包まれていた。中米諸国の首都のなかではパナマ・シティと並んで通年、暑さの厳しい町だ。
 その年、中米グァテマラの先住民活動家リゴベルタ・メンチュウさんにノーベル平和賞が贈られた。少女時代からマヤ系先住民の人権擁護に献身した功績が理由だった。彼女の受賞を念頭に計画されたものではなかったが、その日をはさむ数日、中米諸国の先住民活動家の代表たちがあつ まって国際会議が開かれた。平和賞受賞の決定の報道から数日後にその会議が開かれたのだ。その会議の最終日の夜、参加者の慰労を兼ねたパーティーが開かれた。その会場にカメ ラをもって参加した。当然、被写体はメンチュウ女史であった。
 会場には日本人はおろかアジア系の参加者は他にいなかったので、私の存在は、自分のあずかりしらないところで目線を引いたのだろう。突然、
 「セニョール、あなたは日本の方ですか?」と、日本でいえば小学校の4年生といった感じの女の子に呼び止められた。
 赤茶けた長い髪に熱帯の大ぶりの白い花を射し込んだ少女は私を見上げながら言ったのだ。浅黒い瓜実顔は若いラテン娘特有の化粧が施されていて、やたら瞳が大きく、白地の民俗衣裳を着ていた。
 「うん、いまは仕事でグァテマラに暮らしているけど、日本人だよ」
 「ほら、やっぱり、そうだよ」とパシッと両手を叩いて、そばにいた中年男性の腕を叩く。父親らしい。少女は、早口でなにか言い募っている。その男の胸か ら斜めに使い込んだアコーディオンが下がっている。その男のそ ばには少女のお姉さんといった感じの若い女性、それに微笑んでいる若い男性、みればみな白い民俗衣裳と着用していた。
 「セニョール、実は、」と中年男性が語り掛けてきた。
 「きょうは、このパーティーに招かれて歌うことになっているんですが、来月、私たちは日本に行くことになっています」という、よく意味がわからなかったが、日本のどこかの民間団体の招きで、日本で数回小さなコンサートを開くらしい。
 「そこで私たちは日本の歌を披露しようと練習しているところなんです。一曲だけですが、それでスキヤキ・ソングを練習しています。この子が、、」と少女に視線を移して、「あの人は絶対、日本から来た人だ、というので、確かめてみるかと、あなたに話しかけたわけです」と言う。少女はにこにこと私を見つめている。「この子が歌います 。差し支えなければ聞いて欲しいです。日本語が正しく伝わっているものかどうか確かめたいのですよ」
 そして、ニカラグア民俗音楽のアコーディオン、それはこの国の国民的歌手であるカルロス・メヒア・ゴドイとそのグループによって海外でも知られることになった哀調のある音色であった。
 少女はきれいな日本語で歌い出した。周囲に輪がたちまちできた。
 マナグアで「上を向いて歩こう」をこんなシュチエーションで聴くことになろうとは思わなかった。彼女たちのファミリーにとってはレッスンの一場であったかも知れないが、その場では期せずしてメンチュウ女史の受賞を祝う歌にもなったのだ。
 どうでしたか、と少女の瞳が感想を強要する。私は父親に、「ムイ・ビ エン」、全然、問題ありませんよ、そのままで大丈夫ですと言った。そして、少女には「エクセレンテ」、素晴らしい、そして、ムチシマス・グラシアス、と最上級の言葉でありがとう、と言った。難をいえばいえるけど、「上を向いて歩こう」なら日本人は誰でも知っている。少女が一生懸命、歌えば多少、発音がまずくても愛嬌というものだ。

 それから数年後、米国テキサス州を中心に活動を開始し、やがて全米のヒスパニック系米国人から圧倒的な支持を受けることになった女性歌手セレーナが非業の死を迎えた。
 その人気は“テハーノの女王”とまで言われた。テハーノとはテキサス州に住むメキシコ系米国人を指すヒスパニックたちの言葉だ。そのセレーナがキューバ系米国人歌手として成功 していたグロリア・エスティファンにつづく才能として、最初の英語版アルバムを準備中に、ファンクラブの会長という、いわば内輪の女性に射殺されてしまった。お腹に数ヶ月の赤ちゃんを宿したまま新婚間もない時期の悲劇だった。享年23歳。未完成に終わったアルバムは録音が完了した英語歌に、旧録のスペイン語歌を足して遺作として発売された。それは米国ではミリオンセラーとなり、日本でも発売された。そのアルバムには日本盤のみ収録された曲があった。「スキヤキ」、上を向いて歩こう、である。その「スキヤキ」はむろん、日本でのアルバム発売など念頭にない時期に録音されていたものだ。セレーナの唯一の日本の歌が「スキヤキ」であった。
 セレーナの葬儀には全米から万余の会衆が集まった。その光景は全米に報道され、非ヒスパニック系米国人ははじめて 、「セレーナって誰?」と驚いたのだ。当時、テキサス州知事であった。ジョージ・W・ブッシュはセレーナの誕生日を「セレーナの日」として敬慕することを州法で決めたのだった。

 永さんは、そんなことは露知らず、黄泉の国に旅立った。「スキヤキ」、上を向いて歩こう、をめぐるそうした挿話は世界中に無数にあるのだと思う。そういう歌を書いてくれた永さんには、日本人として素直に感謝したいと思う。「上を向いて歩こう」の世界的なヒットで、海外に生活する日本人はなごやかに現地の人と交流することができたのだ。こういうのを「国民歌」というのだろう。

「パナマ文書」の国の守護神「黒い聖母」の讃歌

パナマの守護神「黒い聖母」の讃歌


 中米地峡南端の小国パナマ。太平洋に面した港湾都市パナマ・シティが首都。海の大動脈パナマ運河の太平洋側の出入り口に位置する同市を夜、海上から眺めると、その華やぎは威容だ。高層ビルが立ち並び、そのビルを縫って高速道路が延びている。そんな街の一角にあるモサック・フォンセカ法律事務所から漏洩した、いわゆる「パナマ文書」がいま世界を震撼させている。
 節税、資産隠しをしていた世界中の政治指導者、富裕層の“不正”が暴かれているからだ。すでにアイスランドの首相が租税回避地をつかって巨額の投資をしたことが暴露され失脚した。
 同法律事務所は世界40カ国以上に500人以上の従業員を抱え、取引き先は世界各地に約30万社を数えるといわれる。パナマシティにはこうした事務所が実態が不鮮明なまま拠点を置いている。

 しかし、パナマ人の多くは農業に従事し、「パナマ文書」に興味を抱くこともなく生活している。租税を回避するほどの所得もない貧しい農漁民の国である。首都の在り様が突出して“異様”なのだ。パナマの農民たちが倦(う)まず大地と語らい、漁民たちがほそぼそと沿海漁業を営みながら、この国の食を支えているのだ。そんなパナマをマスコミは伝えない。

 パナマ民衆の心のよりどころが カリブ沿岸の小さな港町ポルトベヨにあるサン・フィリペ教会に奉られている「黒い聖母」。
スペイン植民地時代の広壮な要塞が湾口を囲むように設けられている町で、ユネスコの世界遺産に指定されている。かつて、南米のインカ帝国から略奪された富が集積され殷賑を極めたことがあったが、いまは外国人観光客が首都から日帰りでくる程度で静かな町である。そのポルトベヨが毎年5月、賑わいをみせる。サン・フィリペ教会を参拝に訪れる善男善女で賑わうからだ。そして、同教会に祭られた「黒い聖母」を中心にパナマ各地では1ヶ月に渡ってさまざまな行事が行なわれる。これを「ラ・エトニア・ネグラの月」という。

 パナマから送られてくるフィエスタの様子を伝える映像で流される音楽はパナマ版バジェナート。毎年、バジェナートの主要楽器で
あるアコーディオンの名手たちが新しい「黒い聖母」讃歌を創作しCD化して販売する。
 コロンビア・コスタ地方生まれの民俗音楽バジェナートは、コロンビアの世界遺産として昨年、ユネスコに登録された。 その時、パ
ナマのバジェナートが黙殺されたかたちとなってパナマの音楽家たちが物言いをつけたことは本誌ですでに取り上げさせていただいた。
233060_750x480_crop_571d822102ecf.jpg

 今回はバジェナートがコロンビアだけでなく、パナマ民衆音楽の中心であることをあらためて確認してもらいたいためにも「黒い聖母」との関わりで取り上げてみた。このパナマの「黒い聖母」の精神的な求心力は、メキシコの守護聖母として有名な「グアダルーペの聖母」に匹敵するものだ。そして、「グアダルーペの聖母」讃歌も数百曲におよび、その代表曲は数十種類のアルバムとなって発売されている。
 ラテンアメリカは日々、どこかで新しい作品が生まれている宗教音楽 の宝庫であることを確認しておきたい。 
 
 「パナマ文書」で記号のように扱われる“パナマ”。そこには多くの民衆が暮らしている。タックスヘイブンとして取り上げられたカリブ海の多くの島国。そこにもまずしい民衆が、自分の国が租税回避地であると、世界中から冷笑されていることをしることもなく生活している。マスコミで日々、賑わしているタックスヘイブン、その地の民衆について触れた報道をみたことがない。そのことを後日、稿をあらためて書きたいとおもっている。

ニカラグアのサルスエロ、ルイス・エンリケが心情吐露

ニカラグアのサルスエロ、ルイス・エンリケが心情吐露
ルイス・エンリケ

 日本にも熱心なファンを獲得しているサルサ歌手ルイス・エンリケ。代表的なヒット曲は「Yo no sé mañana」。軟らかい自身の声質を知りつくし、自作するルイスをビジネス的に“サルサの王子”と言っている。
 現在、54歳。もう“王子”でもあるまい。体型も立派に中年男にふさわしく緩みはじめた。そんなルイスが4月、インターネットの国際的な配信網RTのスペイン語版で長時間のインタビューを受け、いままで見せなかった素顔をさらして話題となった。
 ニカラグア人である。ながいあいだプエルトリコを拠点にしてキャリアを積んできたルイスをニカラグア人と認識するファンは少ないだろう。
いや、ニカラグア出身とのクレジットはあった。しかし、その意味を探ったサルサ・ファンは少ない。
 本名ルイ ス・エンリケ・メヒア。その名を聞き、ニカラグア出身と聞けばラテン音楽の熱心なファンなら誰でも1970年代後半から90年代、ラテン音楽の“良心”として畏敬されたルイス・エンリケ・メヒア・ゴドイ、カルロス・メヒア兄弟を思い出すだろう。ラテン諸国が冷戦下、抑圧的な軍事独裁政権に覆われていた時代、社会正義の実現を目指し質の高い娯楽性も失わずに活動をつづけたニカラグアの象徴的な存在であった。サンディスタ革命闘争期には“ギターをもったゲリラ”といわれた。ルイスは、その兄弟のひとりフランシスコを父としてニカラグアに生まれた。
 「私が歌手として活動を本格化しはじめたのは80年代だが、当時のニ カラグアはメヒア・ゴドイたちの世界で、音楽界はまるで彼らの機関のようなものだった。私が目指す音楽の時代ではなかった。そこで私はプエルトリコでサルサ歌手として成功を目指した。メヒア・ゴドイたちを見返してやりたいとも思っていた」
 ニカラグア革命の英雄でもあった叔父たちからは、商業主義にそまった甥とでも軽んじられていたのかも知れない。
 1988年、ルイスはプエルトリコ入りする。1987年に発表したデビュー・アルバム『Amor de Medinoche』が注目された。全9曲中、7曲を自作で埋め作詞・作曲家としても認められた。しかし、まだささやかな成功でしかない。若いルイスはまんまんたる野心を抱いて88年、プエルトリコ入りする。
「サルサだけではやっていけなかったよ。時にはポップス歌手、さまざまな音楽をトランポリンしていた」
 実際、グロリア・エステファンの「ミ・ティエラ」、リッキー・マルティンのアルバムに参加している。しかし、そうした苦労の甲斐があって実力が認められ、以後、毎年のようにアルバムを発表し今日に至っている。ルイス、かつて“ギターをもったゲリラ”と賞賛されていたメヒア・ゴドイ兄弟を、愛の歌で超えたのかもしれない。歌のゲリラたちの声はもうニカラグア以外では聴けなくなった。時代はめぐりエンリケのサルサが首都マナグアの夜を彩る。
 サルサが傍流の国から出て成功したアーティストとしてパナマのルベン・ブラデス、コロンビアのグルーポ・ニチェ、ベネズエラのオスカル・デ・レオンらがいるが、いずれも苦労人ばかりだ。  


バチャータのファン・ルイス・ゲラの基金創設へ  (ドミニカ共和国)

バチャータのファン・ルイス・ゲラの基金創設へ  (ドミニカ共和国)
Juan Luis Guerra

 日本的にいえば還暦目前のファン・ルイス・ゲラ。ドミニカ共和国(以下、ドミニカ)にあってメレンゲとならぶ音楽の構成要素バチャータを長年ひとりで牽引してきた観のあるゲラ。むろん、メレンゲに無関心であったわけではない。「エル・ナイアガラ・エン・ビシクレタ」のようにバチャータとメレンゲを見事に融合したヒット曲もある。ただ、ときに社会性も持ち込むゲラにとってはバチャータのほうが創作しやすいということだろうし、声の質がメレンゲよりメロウなバチャータに合うということだろう。そんなゲラ、今年、デビュー33年目を迎えたが少しも衰えたところはみせず、感性は更に磨きがかかっている印象だ。
 2009年8月に東京と福岡で日本初公演、その際、日本語も取り入れた「バチャータ・エン・フクオカ」を作ってヒットさせた。日本でもファンは多い。
 昨年はラテン・グラミーの最優秀アルバムを『トド・テイエネ・ス・オーラ』で受賞。最優秀歌唱賞でも「ツス・ベソス」でノミネートされていたが、メキシコの新鋭ナタリア・ラフォルカデにさらわれた。ゲラ自身は自分の音楽性が今日的に高いレベルで維持されていることに自信を深めた年となった。
 この2月上旬から米国ニューヨークのマジソン・スケア・ガーデンでの公演を皮切りに受賞アルバム名を冠したワールド・ツアーを開始した。この2月、ミック・ジャガーをはじめとするローリング・ストーンズの60代の面々が南米チリから開始したツアーを横目にゲラも負けてはいない。少年時代のゲラはビートルズにおおきな影響を受けている。その好奇心の範囲にはブライアン・ジョーンズ時代のローリング・ストーンズも存在していたはずだ。ゲラ世代のラテン・ポップスに担い手たちは多かれ少なかれ日本と同じようにビートルズに深甚な影響を受けている。
 ニューヨークはご存知のようにドミニカ系米国人が多く住む町だ。カリブ圏でいえばプエルトリコ系住民についで多いだろう。つまりヒスパニック観衆を多く呼び込める町からツアーをスタートさせたということだ。ついで、カナダ、プエルトリコ、そして母国ドミニカに帰還後、中米地峡のホンジュラス、エル・サルバドル、パナマ、コスタリカと中米地峡諸国を巡演。その後、ヨーロッパ・ツアーに向かうという例年になく意欲的なゲラである。
 そして今秋、ラテン・グラミーの授賞式に合わせてゲラは、自分が資金を提供し、若く才能のある音楽家を支援するために「ファン・ルイス・ゲラ、ラテングラミー文化基金」(仮称)を創設することを表明している。
 今年のツアーも、その「基金」の宣伝と資金作りの目的もあるのかも知れない。ニューヨークでの公演では最近作の受賞アル
バムの曲にこだわらず、これまでもっとも知れたゲラのヒット曲「ブルブッフ・デ・アモール」「バチャータ・ロサ」「フリオ・フリオ」など手勢の“4:40”とともに活動していた時期(1984-2015)の名作を積極的に取り上げたのも後につづく各国での公演への前評判づくりのような気がする。  
 ツアーで中米地峡諸国が目立つが、この地域はゲラと4:40の最初のワールドヒット曲「ブルブッフ・デ・アモール」を早くから受け入れた地域だ。まだ内戦が暗い影を落としていたグアテマラ、エル・サルバドルなどでも海賊盤のカセット・テープが大量に出回っていたことを昨日のことのように思い出す。当時、ゲラの歌は平和を希求する人々に寄り添っていた。ユーチューブの再生回数でも「ブルブッフ~」を収録した最初のベストアルバム『バチャータ・ロサ』からの曲が上位を占めている。その視聴率は、ツアーの選曲におおきな影響を与えているだろう。

世界遺産にコロンビア・コスタ地方の民俗音楽登録バジェナートが登録*『百年の孤独』

世界遺産にコロンビア・コスタ地方の民俗音楽登録バジェナートが登録~パナマにも波及
 ガルシア=マルケスの『百年の孤独』のBGM音楽
アコ

 2014年4月、死去した20世紀後半のラテンアメリカ文学を象徴した作家ガルシア=マルケス。その文学的な営みはカリブ沿岸の架空の町マコンドを舞台に人間の悲喜劇を魔術的リアリズムの手法で独自の世界を築き、それを時代と国境を超越させて普遍化することだった。
 その象徴的作品は言わずと知れた『百年の孤独』だが、その物語のBGMはバジェナート、空気の吸い込み弁に微妙な仕掛けをしたアコーディオンの音色だった。
 『百年の~』にも「悪魔のアコーディオン弾き」としてバジェナードの歌い手であり稀代のアコーディオン弾きにして放浪の老音楽家が登場する。おそらくコロンビア音楽が普及していない日本にあっては、その老音楽家はマルケスが造形した架空の人物として読まれたのだろうが、現実に生き、多くの名作を残し、多くの作品を録音した実在のコロンビア音楽家であった。小説では物語に普遍性をもたせる意図からだろう、バジェナート音楽とは書いていないが、明らかに『百年の~』 を書きつづけた作家の頭のなかで響いていた音色はバジェナートであった。
 そのバジェナートが昨12月1日、ユネスコの無形文化遺産に2011年のメキシコのマリアッチについで登録された。ラテンアメリカ伝統音楽では4件目となる。生前のマルケスにこの朗報を伝えたかった。
 昨11月29日、アフリカ南西部ナミビアの首都ウィントフックで開催されたユネスコの会議に登録申請され、討議の末に決まったものだ。
 バジェナートが世界遺産に登録されたことで中米地峡の小国パナマでもおおきな話題となっている。日本ではしられていないがパナマの民族音楽もバジェナートなのだ。考えてみれば当たり前のことで、パナマ運河建設のため米国によって文字通り、コロンビアからもぎり取られた独立した国だから元々、その地にバジェナートが根付いていた。現在も多くのバジェナートを演奏するグループが活動し、アルバムのリリースも多い。
 パナマでいかにバジェナートが根付いているかを象徴する事例として、たとえばこの国の守護聖母はカリブ沿岸ポルト・ベイヨ、この町の創建はスペイン植民地時代の初期にまで遡り、その頃に建造された広壮な要塞はユネスコの世界遺産に登録され、その要塞の近くにある教会の“黒い聖母”がパナマの守護人だ。メキシコのグァダルーペの聖母のような存在である。そのグァダルーペの聖母への讃歌がマリアッチで歌われたりするように、パナマではバジェナートで敬愛されているのだ。
 毎年一回、首都パナマ・シティで国内外のバジェナート奏者たちが集まって大規模な演奏会が開かれる。同国出身で国際的に知られる歌手といえば、いうまでもなくサルサのルベン・ブラデスだが、彼がそのバジェナートの演奏会がある時期にパナマに滞在していれば表敬訪問し、老演奏家たちを称える。それほどパナマ民衆に根をおろしている音楽である。
 独裁者ノリエガ大統領の時代、米国の経済制裁で疲弊した時期、バジェナート奏者たちは北の隣国コスタ・リカでアルバム制作を同国の首都サン・ホセで行い母国に持ち帰って販売していた時代もあった。パナマでは、いかなる状況下でもバジェナートは民衆の心を掴んでいた。その意味ではさまざまな音楽が群雄割拠するコロンビア以上かもしれない。
 いま、世界遺産に登録されたことを享け、パナマの音楽家たちの活動が期待される。  
プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。