スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災となでしこジャパン、そして人見絹枝

東日本大震災となでしこジャパン、そして人見絹枝
人見絹枝


 東日本大震災、そしていまも放射能を排出しつづける福島第1原発の終わりのみえない災厄。震災で職場を失った人たちの苦悩を含んだ失業率。新卒者の就職も厳しさを増している。それでも円は安心通貨だといいドル、ユーロ安はとどまるところを知らない。グローバル経済は矛盾に富んでいる。輸出産業は苦吟し中小企業すら人件費の安い近隣国に逃げてゆく。生き残りを賭ける企業にしてみれば、長年、苦楽をともにしてきた熟練工すら切り捨てざるえない苦渋の選択。さらなる空洞化がすすむ。今の日本、たとえてみれば空洞だらけの地下のうえに高層ビルが立ち並ぶ都市か。その都市のイルミネーションも節電で減光した。 
 そんな重苦しい世情を晴れやかにしてくれたのが女子サッカー、なでしこジャパンのW杯優勝であった。
 その活躍は予想以上のものだった。選手たちも被災した人たちの分まで頑張りたいという思いが強かったと語っている。福島第一原発に勤務していた選手もいた。彼女たちがW杯に賭ける思いは強かった。ホイッスルが鳴るまであきらめないという強い精神力を結集させた。むろん、大会まで弛まず鍛えあげてきた基礎があって発揮された強さだった。
 W杯優勝は日本の女子アスリートの底力を象徴するものだった。
 日本女子アスリートの歴史は陸上の人見絹枝選手からはじまる。
 一九二六(大正十五)年、スウェーデンで開かれた第二回女子オリンピックに人見選手は唯一の日本人アスリートとして出場。走り幅跳び、立ち幅跳びで優勝、円盤投げで二位、一〇〇ヤード走で三位、そして個人総合優勝という驚異的な成績を上げた。日本女子スポーツは人見選手の活躍から日本の土壌に芽を出すことができたといえる。それまで無視されていた日本国内の競技会から生まれた世界的記録も人見選手の“実績”によって認知されるようになった。
 なでしこジャパンは人見選手の直系の弟子のようなものだ。
 人見選手はヨーロッパにおける日本観も変えたといわれる。一般民衆の日本観といえば、大会の3年前の関東大震災によって、自然災害の多い国という認識だけを与えたようだ。浮世絵とかジャパニズムといった日本認識は大都市のインテリたちの趣味でしかなかった。日本はフジヤマ・ゲイシャの国であった。女子オリンピックでの人見選手の活躍は、地元スウェーデンの新聞に、「日本に関して我われは地震や洪水など天災地変のことしか知らなかった。ところが、今回のオリンピックによって、日本にかくの如き女性あり、スポーツのあることを目のあたりに見ることができた」と書いた。
 大震災の年、奇しくもなでしこジャパンも人見選手なみの活躍をした。    
 
 
 

スポンサーサイト

映画『一枚のハガキ』 新藤兼人監督

映画『一枚のハガキ』 新藤兼人監督
一枚のハガキ

 反戦、そして性の解放……新藤兼人監督が戦後、九死に一生を得て復員、今日まで映像を通して頑迷なほど執拗に語りつづけてきたのは、その2点である。
 この8月で戦後も66年になる。めまぐるしく社会状況が移りゆくなかで新藤監督の視座はまったくブレることなく98歳の新作となる本作まで保持された。それは驚異的なことだ。戦後、メガフォンを取った監督の数がいったどれだけいるか知らないが、新藤監督ほど倦まず弛まず前線に立ちつづけた才能はいない。
 本作は力作だ。反戦の意思というものが太く剛直ながらしなやかさも持つ竿のもとにはためいている。正直にいうと前作『石内尋常高等小学校』(2008)、監督95歳の作品だが、老いに負けたか、感傷の気配が濃厚、そして作劇上でも無駄と思われる繰り返しの描写が多くいたたまれない気がした。さしもの名匠も最期かと思った。しかし、本作では冷徹ともいえる切り込みがあって見事に締まった。それは監督の膂力(りょりょく)がいまだ健在と思えるものだった。
 原作・脚本も監督の手になる。それも実体験を基層としている。戦争の不条理を寒村のまずしい農家の夫婦像を通して描かれている。
 敗色が濃くなった日本軍部は本土決戦も視野に入れ、戦力としては肉体的に劣る中年男性まで徴兵した。中年者を死へ追いやることは、そのまま家庭を破壊するということだ。そういうことが〈一枚のハガキ〉で無慈悲に行われた時代が親の世代にあった。
 瀬戸内で漁師だった松山(豊川悦司)、山間部の痩せた農村から徴兵された森川(六平直政)は戦場で大した戦力にもなりえない中年兵士だった。フィリピンの戦場に赴くことになった森川は、「生きて帰ることはないだろう」と松山に一枚のハガキをみせる。それは森川の妻からものだった。「返事を書きたいけど、どうせ検閲で削られ思ったことは書けない」だから、フィリピン行きを免れ国内勤務となった松山に、「生きのこったら、このハガキを届けてくれ、確かに受け取ったと伝えてくれ」と頼む。そのハガキが映画のタイトルに象徴される。
 森川は戦場にたどり着くことはなかった。兵士を乗せた輸送船が海上で米軍の潜水艦の攻撃を受けて沈没し、戦わず一発の玉も撃つことなく海の藻屑となった。森川の妻・友子(大竹しのぶ)が待つ家には骨一片帰ることはなかった。友子はその後、義父母に請われて先夫の弟と再婚する。その新婚の日々もつかの間、弟もまた徴兵され戦死してしまう。
 つづけて身に起こる悲劇も「銃後の妻」としてけなげに耐える女を演じる大竹の演技が素晴らしい。貧しい農家に生まれ育ち、田も借り物という貧農に嫁入りし苦労ばかりの生活を襲う不条理な戦争。度重なる非情に耐える農婦を演じきっている。映画は大竹の演技によって引き締まっている。おそらく大竹の代表作となるものではないかと思う。
 戦争は8月15日で終わったわけではない。戦争によって愛する者を奪われた銃後の家族の悲劇は癒えるものではない。そういう事実を監督は繰り返し撮ってきた。そうした姿勢はバブルで浮かれた時代にも微動しなかった。ヒロシマ・ナガサキの被爆者たちの悲劇も繰り返し撮ってきた。
 ビキニ環礁で被爆した「第五福竜丸」も船員たちの生活も追った。戦後史におけるさまざまな不条理な事件にも倦むことなく批評しつづけてきた。その集大成として、監督は戦争を生きぬいた男と女の姿を通し、反戦の意思を貫くことの尊さを淡々と心に染みいる物語として提出してくれた。
 監督は本作を最後の映画とすると言明したようだが、まだまだやれる。才能によどみはないとすら思った。
 新藤兼人なら福島第一原発事故をどのように映像として批評しうるかとも考える。「生きているかぎり生きぬきたい」という監督の言葉は生涯現役の意思表示だろう。次作を渇望する。  

映画『明かりを灯す人』 アクタン・アリム・クバト監督

映画『明かりを灯す人』 アクタン・アリム・クバト監督
映画 明かりを灯す人

 こういう映画を珠玉の一編というのだろう。
 中央アジアの小国キルギスの劇映画である。この国の文化を、社会状況を含めて世界に向けて発信できる才能は本作の監督アクタン・アリム・クバトしかいないだろう。本作も含め同監督の長編3作はすべて日本で公開されることになった。筆者自身はキルギスの隣国ウズベキスタンを知っているが、それでもクバトの才能がなければキルギスは意識の外にあっただろう。
 1998年の『あの娘と自転車に乗って』、2001年の『旅立ちの汽笛』、そして昨年、制作された本作。総人口560万、資源も乏しくソ連邦から独立して以来、経済的な困窮に民族対立も加わり映画が産業として成立する基盤はない。本作もフランスやドイツなど欧州諸国の出資で制作費が捻出されている。表現欲求への渇望は貧しさをいつでも超えようと真摯な努力をする才能はいつの時代にも登場するものだ。
 前2作が監督の青春が投影された淡彩の自伝的作品であるのに反し、本作は名もなく貧しい電気工で“明り屋さん”と村人から慕われている中年のおじさん(監督自身が主演)の生きざまを通し、地に這った庶民の視点から民族のプライドというものが控え目に、しかし確信をもって語られる。本作の第一等の対話の相手は同胞キルギス人たちに違いないが、途上国の民衆がたいてい共感できるような普遍性をもっている。
 クバトは同胞にひざ詰めで、貧しくとも守られなければならない民族の矜持というものはあるはずだ、それを忘れて少しばかり暮らし向きがよくなっても、それで失うものは大きいだろう。そんな経済発展なんてハートも骨もない軟弱なもので、また金の力で脆く壊れるものだ、と語っている映画なのだ。
 現在の映画の尺度からすれば短い80分というフレームのなかで、きっちり言いたいことを言い切っている。かつて日本映画が活性をみせていた時代、だいたい90分前後の尺度でたいていのことは語りつくされていた。90分はスクリーンのサイズのように黄金律であると思う。
 旧ソ連圏の新作を集めて年に一度、ロシアで開催されている「キノショック映画祭」で主演男優賞を獲得し、俳優としての実力も認められたクバトだが、その質朴で人のよい電気工のたたずまいが実に良い。経済苦境は電力不足を招いている。モノ不足は該当するモノの価格を高くする。貧しい庶民には電気代も高価だ。この電気工のおっさんは、不正を承知で貧しい家の電気代を軽減するためメーターに細工する、無償で。そして違法だ。でも彼には遠大な夢がある。村の峡谷を吹き抜けてくる風を利用し、風力で電気を起こせないかと、ひそかに計画もしている。自前で簡便な風力発電機もつくった。
 そんな僻村にも経済のグローバリゼーションと無縁ではいられない。ソ連解体後、市場経済を選択したのだから。かつてエコノミック・アニマルといえば日本の代名詞であった時代があった。いまや中国人がそれを継承しているところがある。この寒村を地盤とする政治家が中国の企業家をつれて乗り込んでくる。地元を豊かにして、自分の支持基盤も盤石なものにしたいという意気込みだ。
 その中国人の描き方は成り上がり者の下品さで象徴している。監督の中国人を観る目は冷ややかだ。かつて日本人も東南アジア諸国の映画のなかで、そんなふうに繰り返し描かれた典型像がそこにある。
 中国人の出資を目論んで、地元の政治家は若い女性に接待させる。裸で。明り屋さんは、その席に同席することを強いられる。けれど、明り屋さんはいても立ってもいられなくなり激怒、宴席を台無しにして退席する。民族的義憤というものだ。しかし、そのツケは大きかった。政治家一派から仕返しを受け、殺された。その明り屋さんの亡骸を運ぶのは悠久の昔から村の食を支えてきた天山山脈から流れ落ち、草原にいくつものオアシス都市を育んだ川の流れ。この自然の恵みがある限り、キルギス人は子子孫孫生きていけるとも主張されているように思われた。
 映画では物語を展開する節目ごと、ごく自然に伝統的馬術コク・ポクが披露されたり、中国人投資家をもてなすためにキルギス遊牧民の伝統的な移動家屋であったユルタ、日本ではモンゴルと親しいせいもあって、モンゴル語でいうところのゲルという呼称の方が親しみやすいが、そのユルタを建ててゆく様子などもみられてフォークロア的にも興味津々である。また音楽ファンには民族楽器コムズ(弦楽器)の合奏シーンなどもあって見逃せない。   
プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。