スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハビエル・ペリアネス 公演チラシへの寄稿

 最良のスペイン人とは〈情熱〉と〈無私〉をみごとに融(と)け合わせた者を指す。
 16世紀の大航海時代、スペインのカトリックが世界中に広がったのは、宗教改革の波頭に危機感をおぼえた若い修道士たちの生命をかけた布教活動があったからだ。彼らは、大言壮語せず沈思のなかで苦難の船旅に向かい、日本列島までたどり着いた。その〈情熱〉はラテン的陽気さといった無責任なものではなく、堅信的に〈無私〉となったピュアな心だ。
 02.jpg
ハビエルが心血をそそいで弾きつづけ、独自の造形美にたどりついたスペイン18世紀の作曲家デ・ネプラや、20世紀のモンポウの作品はそうした〈情熱〉と〈無私〉のハーモニー。それを学んでシューベルトを探求し、〈無私〉に徹して作曲家の内省と厳しく対話する演奏と評価された。それほどハビエルのシューベルトは純化したもので、硬質な清涼感を味わうことができる。シューベルトを聴いてこれほど精神的な感銘を受けることは珍しい。
 ハビエルのショパンはまだ知らない。これは私自身の邂逅(かいこう)の楽しみである。一昨年6月の演奏会でマズルカ一編をアンコールで聴いているが、むろん肩の荷が降りたところでの弾奏であった。しかし、予感はある。おそらくハビエルの解釈は亡国の民であったショパン、異郷にあって愛国心を保ち、芸術的達成に妥協しなった音楽家の鋼(はがね)の心と対話した末の中間報告として演奏されるに違いない。それが私の楽しみの意味だ。
(2011/02)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。