スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルグアイ映画『ウィスキー』

ウルグアイ映画『ウィスキー』ファン・パブロ・レベージャ,パブロ・ストール共同監督
  日本人が忘れかけた〈愛〉の含羞   
vsl06.jpg

含蓄(がんしゅう)という、ほとんど死に掛けている言葉を思い出した。
「はにかみ」「恥じらい」と辞書にはあるが、筆者はこれに「慎み深さ」も加えたい。素敵な語感を秘めた日本語だが使われることが少なくなった。言葉は生き物。かつて、日常の場で節度をもって自己主張する、折り目正しい中高年齢者がたくさんいたように思うのだが……。
 『ウィスキー』の初老の女性マルタはまさに含羞のひとであった。まさか南米ウルグアイからはじめてやってきた映画に、小津安二郎監督が描き出したような女性像を見出すとは思ってもいなかった。しかも、1974年生まれの若い二人の監督が造形したことに驚く。
 静謐な恋の物語である。もっとも、その恋に自覚的なのはマルタ(ミレージャ・パスクアル)独りで、彼女に恋慕される初老の零細な靴下工場主ハコボ(アンドレス・パソス)はまったく気づかない。愚鈍ですらある。二人のあいだに恋だ愛だ、というような情熱を暗示する科白もいっさい交わされない。科白そのものが極端と思えるほどそぎ落とされている。
 マルタは、ハコボの工場で働く秘書兼女工さんである。家内工場のようなものだからマルタは色々こなさなければいけない。ハコボに信頼されていて、もう二人の若い女工さんの帰社時には、彼女たちのカバンをチェックして製品が持ち出されないように監視する。ラテン社会ではよくある光景だ。
 映像の力を信じ、語らずとも演出と巧みな演技力で補い、変化のない日常的光景のなかでも明快に心の動きを象徴できることを証明する。たとえばマルタは独身であり、たぶん幸薄い青春をおくり、自己主張することもなく与えられるまま、日々をやり過ごしてきた、といったことが科白一切なくとも了解できるようになっている。
 マルタは、しかし生きる屍ではない。女性として生きることの証しに、好いた男性と寄り添いたいと思っている。人生を諦めてはいない。もし、ハコボが振り返ってくれるなら、きちんと応えよう。
 流行遅れの安物靴下を製造する工場の稼ぎなど高が知れている。マルタは薄給だろう。それでも毎朝、ハコボより先に出社する。ある日、ブラジルに住むハコボの弟が一時帰国をすることになり、彼のアパートに泊まるという。そこでハコボは連れ合いがないのはおかしいと思ったのか、マルタに妻役を引き受けてくれと頼む。彼女はふたつ返事で承諾し、かつ辻褄の合うように話をしようと提案する。ハコボは、彼女がすぐ応諾してくれたことも意に介さない。男女間の心の振るえはともかく、人間関係の機微すら鈍磨させている。弟の帰国当日、はじめて“妻”となったマルタは髪型を変えて若々しい。同僚が思わず「綺麗ね」と言う。ハコボは、それにも気づかない。一時が万事、そんなふうにして仮の夫婦ごっこが進行する。
 弟の帰国は惰性のようなハコボの生活を見直すチャンスであった。かりそめとはいえ“妻”マルタまでいる。彼にとっては激変のはずだが、それに心浮き立たせることもない。
 結末を書くのは止めよう。ただ、マルタの強い意志が「不在」のなかで明快にしめされる。そのシナリオの巧みも賞賛したい。東京国際映画祭は本作にグランプリと、ミレージャ・パスクアルに主演女優賞を与えた。カンヌではオリジナル視点賞をはじめ各国の映画祭で最高賞を獲得している。マルタ役が評価されたのは当然だ。恋の傾きを日常の佇まいのなかで言葉の力を借りずに表出したからだ。ハコボ役も難役だが、愚鈍に徹していればよかった。
 しかし、この味深さを堪能するには、それなりの年輪が必要と思うのだが、30歳の監督にこんな映画を撮られてしまうと、そんな常識も揺らいでくる。   

コメントの投稿

非公開コメント

アキ・カウリスマキ

上野さん、はじめまして。

『ウィスキー』 面白そうですね。
写真を見ると、何となく、アキ・カウリスマキっぽい。

観てみたい作品です。

No title

小津さんのファンなのですね。ぼくも一年に幾度かは、自分の「日本人」としての鮮度を保つために見直すことにしています。成瀬監督作品もそうですね。「ウィスキー」もほんとうに良いですよ。
プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。