スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『低開発の記憶~メモリアス』 国家と個人の癒しがたい関係 キューバ

映画『低開発の記憶~メモリアス』
 トマス・グティエレス・アレア監督
低開発の記憶

 1968年、というから今から39年前の映画となる。キューバ映画におけるもっとも重要な作品として、映画史に記載されてきた。しかし、日本で公開されなかった。
 映画の存在そのものは、1972年6月にエドムンド・デスノエスの原作『いやし難い記憶』が小田実の訳で刊行された時に、読者は映画の存在を「情報」として知った。キューバ(映画)やラテンアメリカ映画に関心のある者には爾来“幻の傑作”となっていた。やっと上映の機会が巡ってきた。そして、世評通りの傑作と認識した。国家と個人の関係をかくも真摯に掘下げようとした、稀有な存在として際立った個性を保ちつづけていることの驚きである。
 監督は革命前にキューバ記録映画の傑作と知られる『エル・メガノ』を撮り、革命直後に最初の記録映画と長編劇映画を手掛け、93年にはソ連崩壊後の経済危機下で遺作『苺とチョコレート』を撮ったトマス・グティエレス・アレア。中南米映画界の牽引者であった。だから、記録映画を含めアレア作品は日本で公開されてきたが、本作は何故か“忌避”されてきた。プリントが劣化して修復が必要だった、という物理的な理由もあったのだが。 
 本作の主人公セルヒオは革命前に親から富裕層相手の高級家具店を譲り受けた生活力の欠けた頼りない インテリ。革命後は、親が遺したマンションからの家賃収入で暮らす結構な身分だが、革命政府は、そうした特権を剥奪するための法整備を着々と進め、セルヒオの生活にも影響が出はじめている。そうした新政府のやりかたを嫌ってセルヒオの妻はマイアミに去った。たぶん、二人の仲は冷め切っていたようだから、革命は別れの口実を与えたに過ぎない。友人たちも革命を嫌って次々と去ってゆく。セルヒオは残っているが、革命を積極的に支持しているわけではない、さりとて嫌ってもいない。キューバに生まれ育ったから、中年を迎えた今も思想信条に関係なくソコで暮らして生きたい。けれど、〈革命〉はセルヒオの生活を真綿で締め付けはじめている、という状況であまり面白い展開とはいえない。けれど、まだなんとか食えているし、妻が去ったお陰でアバンチュールも楽しめる。本屋の書棚はマルクスやレーニンの翻訳本に侵食されているが、自宅にはまだ読むべき本に事欠かない。時代の過渡期だ。セルヒオ自身なんとかしなければいけない、とは理解しているが、打開策は見つからない。そもそも政治に関係なく平凡に過ごしたいのだが、さて……さて。
ドラマのなかに時代の過渡期を象徴する実写フィルムが適宜、挿入される。米国に支援されたバチスタ派の反革命軍がヒロン湾に侵攻し、革命軍に撃退された事件、ソ連のミサイル基地建設を巡るキューバ危機など。「低開発」の貧しい祖国が国際的な政治状況に翻弄され、生き延びてゆく困難さを思いやるセルヒオの政治に対する知識は革命派の農民や労働者より鋭い。しかし、自分がどう「革命」に関わっていくべきかは判らない。「革命」の側も判っていない。キューバにとってはじめて体験する国家と個人の関係を問うための貴重な討議資料ともなる映画でもあったのだ。
 いっけん19世紀ロシアでゴンチャロフが描き出したオブローモフ的青年のようだが、事態はロシアの憂鬱な青年より深刻だ。資産は侵食され、革命は眼前の現実なのだ。
 ソ連や東欧諸国、大半の革命政権は、オブローモフ的青年を許容せず、人間の顔を失った冷たいシステムを優先させた。しかし、キューバは違った。残りたいなら残れとセルヒオの存在を認めた。彼が少女強姦の濡れ衣を着せられても、これを“階級の敵”として財産没収せず、少女の側にも問題があったと、人民法廷は無罪とする。ソ連や中国なら、こうはいかなかったはずだ。こういう非政治的な誠実さほどキューバを“一党独裁”と切り捨てたい勢力にとって疎ましいものはないはずだ。ソ連崩壊後も何故、生き延びたかという疑問への応答に、映画『低開発の記憶』を持ち出してよいだろう。
しかし、意味深長なタイトルである。この表題のおかげで、キューバ経済が低開発なのか、いや革命精神が低開発なのだと言ってみたり、人間存在そのもの低開発、発足したばかりの未熟な革命政権そのもの低開発……と言い出したら切りがないほど議論百出したそうな……。    (2007年)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。