スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま「水」を考える 原発事故と映画『ブルーゴールド』

いま「水」を考える 映画『ブルー・ゴールド』のサム・ボッゾ監督
 *大震災で被災した福島原発は命の「水」を大量に汚染し、汚染しつづけている
ブルーゴールド
 
 「石油に替わるエネルギー源はありますが、命をはぐくむ水に替わるものは存在しない。その水がいま危機的状況に陥っている」と訴えるサム・ボッソ監督は刺激的かつ示唆に富む長編ドキュメントを撮った。「思想信条を超えた人類の生存そのものに関わる問題」と語る監督には使命感すら感じさせた。


 冒頭、マヤ文明の滅亡は深刻な水不足によるものだった、と暗示される。そして、南米ボリビアの水道事業の民営化に反対する民衆の抵抗が描かれ、メキシコ市の水不足と汚染が語られる。ラテンアメリカ地域の話題が多い。
 「それは、意図したわけではない。水道事業の民営化が世界で最初に推進され、企業が大きな利潤を上げた地域だったからだ。企業の利潤は一方に不利益をこうむる者がいる。それが貧しい人たちであり、水そのものだ」
 アフリカの小国でコカ・コーラ社が水資源を握り、水がコーラより高く売られている事実を語る。フランスの水道事業の民営化をめぐる政治家の買収賄もルポされ、米国の都市がつぎつぎと民間化されている現状も語る。ブッシュ政権時代に促進された。
 「地球は水の星。しかし、97%が海水で飲める水はわずか3%に過ぎない。その水に頼って人類の歴史が営まれてきた。水は人類の共有財産です。その水を儲けの手段として良いのか、と映画で問いたかった」
 タイトルの「ブルー・ゴールド」とは、水を錬金術の道具とした経済を告発している。
経済のグローバル化のなかで水も移動する。「水」と思われずに取引きされる。そうした、水の存在を「仮想水」という。
 「食糧の輸出入とは“水”の取引きを意味する」
 たとえば、日本に大量の果汁が輸入されている。果物から搾られる新鮮な恵みは、その果物を実らせる土地から水を吸い上げてもたらされるものだ。穀物も野菜も、生産地の水を消費して育てられたものだ。食糧自給率が40%に過ぎない日本は大量の“水”輸入国なのだ。
 「途上国の貧しい農民は生活に必要な水すら節約して輸出用の換金農作物を育ている。自分たちが煮炊きにつかう水を、先進国の消費者に買ってもらうために換金作物を育てているのだ。こんな矛盾にみちた経済システムを放置しておいて良いのだろうか」
 監督は、現在の経済システムの変革を訴える。企業は矛盾を知りつつも儲けのために水を消費しつづけるだろう。その企業は政治家に献金したりして自分たちに都合の良い制度を維持しようとする。映画も特効薬などないことを語っている。
 歴史、環境、人権、グローバル経済の矛盾……実に多くのテーマが取り込まれている。畳み掛けてくる言葉・映像に五感が揺さぶられる。それもこれも水が生存に必要不可欠な主成分という本能的な知覚が刺激されるからだ。水でつくられた人間の身体そのものが、この映画に同化してしまうようだ。
 「水問題を考えてくれと映画を撮ったのではない。情況は思っている以上に深刻だ。私は映画で“抗議”しているのだ」
 それぞれの生活の場で「水」を守る行動に立ち上がってくれ、と訴える。

*私は反原発派だ。その立場からキューバのフラグア原発計画を取材したし、チェルノブイリ原発事故で被爆した児童たちが療養する施設にも行った。こんかいの大震災で福島浜通りの原発が軒並み損傷し、甚大な被害を受け、そして大気中に半減期が30年以上の汚染物質が撒き散らかされ、いまもつづいている。命の水が汚染された。“水の星“地球だが、飲める水は3%に過ぎない。その水を汚染することが確実な原発として反対してきた。恒常的に原発から冷却水が海に垂れ流されいるのが日本だ。政府や発電各社はいままで「きちんと浄化して海に捨てている」と説明してきた。百歩譲って、その言葉を信じよう。では、こんかいの事故で自衛隊のヘリコプターと最新鋭だという放水車が天文学的な水を大量に散布した、海水で。消化に使われた海水は必然的に汚染された。もちろん、高濃度の汚染だ。そのしたたかに汚染された海水はどこに流れていったか? 報道はなにも語らない。原発敷地内の土壌に染みこみ、あるいは海に流出しただろう。その汚染度をかたるニュースをまったく目にしていない。視聴者を震撼させる数値が出ることが明々白々の事実だからに違いない。   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。