スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故をテーマにした社会派青春映画『みえない雲』

映画『みえない雲』(2006年)  グレゴール・シュニッルラー監督
 
みえない雲

 原発事故をテーマにした社会派青春映画。
 原作はドイツでベストセラーになったヤングアダルト小説のようだが、〈反核〉という社会的メッセージが色濃くこめられているらしく、映像にもそれがいかんなく反映されているようだ。
 邦題の「みえない雲」とは、放射能汚染が「みえない」害毒として立ち現れるという意味をこめられたようだ。現在の福島第一原発事故を体験している日本人には納得がいくし、汚染地から避難を強いられ困難な生活を送っている福島県民にとっては邪悪な存在そのものの〈みえない雲〉だろう。原題は、より象徴的に「雲」。
 映画は、いわゆる〈反核〉をテーマにした作品にみられる正義ぶりもないし、といって娯楽に傾斜したパニック性もない。中庸という感じがいい。少年と少女の悲恋という太い立て筋で貫かれ、原発事故は愛を究極的に阻害する災厄として象徴される。おそらく何時起きるか分からない原発事故は、悲恋というロマンチシズムと協奏させるにはすこぶる好都合な設定であるはずだ。
 けれど原発事故のリアリティーが欠如していれば、その愛の物語の浮き上がる。その意味でも原発事故の突発性、日常生活がふいに断ち切られる惨劇、そして被災者を苦しめてゆく放射能障害、さらには今回、福島からの避難者が強いられた差別、「放射能は移る」と忌避された転校生に対するいじめにも似たエピソードも紹介される。その意味でもよくできた映画だ。
 しかし、この映画は公開からさほど歳月が経っていないのにも関わらず埋もれてしまった。だから、ここで紹介しておこうと思った。
 戦後日本の映画のなかで一連のヒロシマ・ナガサキ物が繰り返し制作されてきたが、最近はめっきり減った。それは社会の反映だろう。チェルノブイリ原発事故から25年が経ってしまった。しかし、チェルノブイリ原発の事故炉が廃炉になってもまだ放射能をだしつづけ厳重な管理下におかれている。
 チェルノブイリ映画も何本か制作されたが、今日ではみな忘れられた。最近、早すぎる死を迎えた元キャンディースの田中好子さんが女優として最初の評価をえたのは井伏鱒二原作の映画『黒い雨』のなかで被爆の後遺症で夭折するヒロインを演じてのことだった。亡くなられた田中さんの追悼の意味もあったのだろう、キャンディース時代の映像を収めたDVDが良く売れているようだ。けれど、おなじDVDなら彼女は『黒い雨』(1989年)を観てほしいはずだ。病床の苦しい床で録音された彼女の最後のメッセージのなかには、東日本大震災の被災者を思いやる気持ちがこめられていた。その意味でも、「黒い雨」をみることこそ、遺志にそうことではないのか。
 『みえない雲』で造血障害に犯された少女の姿は、「黒い雨」のなかで田中さんが演じた「姪」の姿と重なる。吉永小百合と浜田光夫の日活青春路線花盛りの時代に制作された映画『愛と死の記録』(1966年)も想い出される。被爆者の青年(浜田光夫)の早すぎる死を追った少女(吉永小百合)を描いた。
 『みえない雲』との邦題だが、映画には放射能汚染された大気を運ぶ黒雲がCGを使って視覚化されているので、「みえる雲」だ。その雲に追われるように避難する群衆、先を争う醜い人の我欲、無人となった町や村の荒廃、雨……そのあたりもよく描かれている。
 青春恋愛映画の枠組みのなかで精いっぱい反核的立場が貫かれている。
 福島原発事故の後、ヨーロッパ各地で反原発行動が起こった。もっとも大きなうねりとなっていたのがドイツだったが、街頭に立った人たちの反核への思いに、この映画もそれなりの役割を果たしたのではないか。いまだ終息のめども立っていない福島原発事故のことを想うとき、この映画は事前に観て学習しておくべき作品ではないかと思う。現在、避難している福島浜通り地方の人たちにはつらい映像かも知れないが、これがこの時代の現実であることは認識されるべきだと思う。   2011年5月5日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。