スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『チャイナ・シンドローム』 原発事故を本格的に描いた最初の劇映画

小さいが無数にある人間の我欲を誰が「制御」できる
  映画『チャイナ・シンドローム』 ジェームズ・ブリュジス監督

チャイナ・シンドローム
 事実は小説より奇なり、というが、ここでは事実は映画より奇なり、ということになろうか。
原発事故を本格的に描いた最初の劇映画として知られる本作の公開は1979年3月16日、そして最初の深刻な原発事故として科学史に永久に汚点を残すことになった米国ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所で事故が起きたのは3月28日だった。創作はたった12日後に、不幸にも事実をもって現実となり、原発事故の恐怖は人類社会を揺さぶった。当然、現実の事故が映画の興行を後押して世界的なヒット作となり、日本でも大きな興行成績をあげた。
 default.jpg
大震災で福島第一原発が被災し、深刻な事態を招いたことを知った映画ファンなら誰しも本作のことを想い出しただろう。
 表題は、映画の舞台となった原発が事故を起こし炉心溶解(メルトダウン)の懸念が生じたとき、某科学者のジョークとして語られる高濃度・高温の放射性燃料棒集合体が「地球を突き抜けて中国に至る」という台詞からとられたものだ。現在、あらゆる社会的現象を便宜的に比喩する形容として「シンドローム」が使われるが、そのきっかけをつくったのが本作のタイトルであり、それに決定的な確証を与えたのがスルーマイル島原発事故となる。
 映画の事故の原因は人の過失であった。“人災”だ。
原発に資材を納入する業者が法で義務づけされている厳密な検査を実施していれば時間と経費がかかることから手抜きをする。業者の言い分は、「長年の慣習でそれですんでいた」、今更なにをという姿勢である。その検査をたまさか素通りしてしまった資材のなかに不良品が潜んでいた。それが劣化して重大な事故に結びついた、というのが映画の主眼。いったん事故がおきれば取り返しのつかない悲劇となる原発はおびただしいパーツの巨大な集合体だ。それをすべて人間は完璧にコントロールできるのか、と問うている映画でもある。先に本ブログで紹介した映画『シルクウッド』も企業の営利活動から派生した不正を告発したものだった。
幾重にもセーフティガードがかかっているから安全だ、というのが日本の原発行政だった。しかし、“想定外”の津波によって福島県のいくつもの自治体そのものが消滅しようとしている。おそらく、そうなるだろう。
 元来、“想定外”も想定しなければいけない超危険物の原発だが、天下りした顧問には大した仕事もないのに膨大な報酬を払い、すべきことを怠っていたということでは“人災”である。顧問たちへの報酬はたとえば“想定外”の津波を予測して防波堤を嵩あげることはできた、ということが事実として指摘できる限りにおいて今回の原発事故は“人災”なのだ。その後の対応のまずさも含めて甚大な“人災”なのだ。
 本作は原発とはいえ儲けを生み出す商品に過ぎないという冷めた目がある。だから、資材の検査を怠る資本の論理、その資本がスポンサーとなっているTV会社の立場といったサブテーマもしっかり押さえられた話となっていて説得力がある。反原発を訴えてテレビの出演を降ろされた、と伝え聞く俳優の山本太郎さんのことが思い出される。
 主役は明確にモノ言う社会派女優として、父ヘンリー・フォンダの意思を引き継いだジェーン・フォンダ。TV会社の雇員として、ニュース番組のなかで日常雑事的な取材しかさせてもらえない女性レポーターのうっ屈を体現するが、そんな日々のなかで遭遇した原発事故の究明に乗り出すことによって、仕事への意欲を、社会性のある仕事への誇りといったことまで描きだす。おそらく、ニュース番組のなかで女性の進出を促す契機ともなった映画であったと思う。そのジェーンの補佐役として登場するカメラマンを映画進出間もないマイケ・ダグラスが演じている。ヘンリー・フォンダと同時代の名優カーク・ダグラスの子息。本作はいっせいを風靡した名優の二代目がそろって競演するという話題性もあった。しかし、本作で最大の評価を獲得したのは実直な技術者を演じた喜劇俳優ジャック・レモンだった。原発の仕事に誇りをもっていた一技術者の誇りが、業者の不正を暴き、身を呈して原発事故を予測する。仕事への誇りが死をまねくほどにずたずたに引き裂かれる葛藤を演じて秀逸だった。
 いま、再上映されるべき映画の筆頭であると思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。