スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 アフリカを描く 『おじいさんと草原の小学校』ジャスティン・チャドウィック監督 

 映画『おじいさんと草原の小学校』ジャスティン・チャドウィック監督 

おじいさんと草原の小学校
 アフリカのケニアが英国の植民地支配から苦難の戦いを経て独立したのは
1963年のこと。ケニヤッタという精神的指導者の不退転の戦いによって
独立は果たされた。
そのケニアが小学校の無償教育をスタートさせたのが2003年。独立か
ら40年が経過してはじめてというか、やっと国民、皆等しく初等教育が受
けられることになった。そこに、独立後の国づくりがいかに苦難に満ちたも
のであったかが象徴されている。
首都ナイロビ郊外には世界最大ともいわれるスラム街が広がっている。欧
米の製薬会社が、貧窮するスラム住民の無知につけ込んでひそかに人体実験
を繰り返している実態を暴いた映画があった。貧しいケニア人がそうした犯
罪の犠牲になるのも基本的な教育の欠如なるがゆえの無知から来る。植民支
配の傷はアフリカ諸国では些少の差はあっても、まだ血が吹き出るように開
いたままだ。
 無償教育がスタートした、というニュースは僻村の村にも届く。それを聞
いたマルゲおじいさん(オリヴァー・リトンド)はためらうことなく小学校
の門を叩く。彼が84歳にして学びたいと切実に思うのは、政府から届いた
一通の封書だった。彼はそれを読めない。いわゆる文盲である。
彼は、それを自分自身の知識として読みたいと強く思っていた。他人に読
んでもらったのでは確証できない。文盲であるがために散々、辛酸を嘗めて
きたであろうマルゲは、それが政府の公文書であることを知るから、安易に
他人に読ませられないと思う。
 しかし、84歳にしてはじめて小学校の門をくぐったマルゲは、読み書き
を学ぶだけでなく、獣医になりたいという“遠大”な夢、抱負をもっていた
ようだ。マルゲの半分の年齢だって小学生になるという選択はそうとう奇異
な光景だ。先進国では考えられないことが貧困なるが故に起こる途上国では
あるけれど、ケニアでも特ダネ扱いのニュースであったらしい。そして、制
度的な壁はケニアにも厳然としてあって、マルゲはさまざまな妨害にもあっ
てしまうが、孫のようなジェーン校長(ナオミ・ハリス)のアシスタント資
格で“入学”できた。
映画はその女性校長との心の交流を通して展開される。ひ孫のような同級
生たちとの日常光景も雰囲気よく描かれている。そこはなにやら児童映画の
気配だが、マルゲの過去が絶えずフラシュバックされ、封書の謎が暗示され
る仕組みで、常道的なヒューマニズムと一線を画すドラマだと呼び返される。
それでも、映画の核にある「学び」とは何か、という視点は明快で、「学び」
の原点について考えさせる地肌をもっている。
マルゲは独立運動の闘士であった。その闘争の日々のなかで、愛妻と子を
英国植民地軍に殺されている。そういう虐殺シーンもオブラートに包まれず
リアルに取り込まれている。しかし、家族を犠牲にしてまで戦い獲った独立
ではあったが、マルゲのその後の生活は不遇だった。文盲ということもあっ
ただろうし、ケニアばかりでないがアフリカの国づくりを困難にした部族対
立も翳となっている。マルゲの出身部族は、男は生まれながらにして闘士と
いわれるキクユ族であり、ジェーン校長の出身部族もまた違うというふうに、
民族の微妙な差異も暗示されてゆく。そう、マルゲを通してアフリカの現在
進行形の問題が集約されたかたちで浮かびあがる。それはあまりにも痛々し
い現実だ。
 「学び」出したマルゲだが、読み書きには幾段階の階梯があることを「学
び」を通して認知したようだ。公文書に使われる言葉を正確に読み取るには
まだ時間がかかりそうだし、他人とはいえジェーン校長は全幅の信頼がおけ
る人間だ、とマルゲは思う。ジェーン校長に、「私にはまだむずかしくて読
めない」からと差し出す。そこに記載されているのは、10代から壮年時代
まで、独立に捧げた日々、政治犯として刑務所をたらい回しされ、拷問に耐
えた履歴そのものであった。マルゲが小学校に入ろうとヨボヨボと歩く冒頭
のシーンは、老いて足が不自由になったから杖に頼っているのではなかった。
拷問で足の指が切断されていたのだ。
マルゲは前傾姿勢だ。そして“同級生”に学びの大切さをとき、自らの体
験を濾過して民族の歴史を語る。マルゲは部族を超えたケニア民族のいきた
象徴となりたかったのかも知れない。   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。