スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北杜夫さんの死とモルフォ蝶

北杜夫さんの死とモルフォ蝶
モルフォ

昨10月、作家の北杜夫さんが鬼籍入りした。
 私にとって北さんの作品といえばなりより『どくとるマンボウ昆虫記』である。
 昆虫採集を語りながら少年の日々を綴った、甘酸っぱいリリシズムに満ちた自伝。当時の東京の後景、戦前・戦中の様子も語られ、ている。
その終章で、中米熱帯雨林に住むモルフォ蝶への憧れを語り、「いつか訪れてみたい」が、叶(かな)えそうもない夢だ、と書いていた。モルフォ蝶とは昆虫好きなら羨望をもって語らずにはいられない舞う宝石である。蝶の女神、と喩(たと)えよう。
 『昆虫記』は1961年の刊行。その当時、日本は貧しかった。外遊するにも持ち出せる外貨に限度があった。中米の密林で蝶を追うなど極めつきの贅沢、それこそ王侯貴族の趣味道楽の領域であった。
 しかし、時代は劇的に変わってしまった。日本人の勤勉と努力。日本は豊かになった。北さんだって、ひそかに中米入り、コスタリカを訪ね、あこがれのモルフォ蝶と対面しているのかも知れない。
 私の少年時代だってコスタリカといえばとてつもなく遠い、はるか彼方に位置する夢のまた夢のなかの秘境であった。否、いまでも距離の絶対的な隔たりは不変だが、飛行機はより便利に早く、廉価となったという意味では、もはや秘境とはいえない。
 世の蝶好きさんたちをあえて羨ましく思わせるために書いてしまう。
 コスタリカで舞うモルフォを観ている、幾度も。ついでに申し添えれば、ペルー・アマゾン産のモルフォの標本と、もう一翅、出所不明のものを持っている。ガラスケースに密封された蝶は、いささかも退色せずメタリック・ブルーに輝きつづけている。メラウスモルフォという種。
 北さんも後年、モルフォ蝶の標本ぐらい手にいれたのではないか? 北さんの遺品のなかにひっそりと埋もれているかも知れない。
 で、ふと思わずにはいられない。北さんが亡くなった昨年、東北の被災地で、おびただしい昆虫標本が津波に流されただろう、ということ。そんなこと、数など誰も記しやしない。小学校が流され、中学校が崩壊し、多くの図書館が流されたとき、おびただしい本ともに学習用標本も失われたろう。そのなかにはモルフォの標本もあったと思う。
 杜夫少年が採集したおびただしい標本は1945年3月、米軍機による空襲であっという間に灰燼と化した。『昆虫記』の終章で、そう記していた。大戦末期、全国で無数の標本がB29の焼夷弾で灰になったはずだ。昆虫少年の努力をアッという間に無にしただろう。そういう記録も残らない。
 そして、考える。……「無」で終わればいい、と。
 「無」はある意味、解放だが、福島の原発事故は過酷な呪縛だ。生きる昆虫を冒しつづける。昆虫は汚染地域から外に出る。誰も止められない。鳥たちはとんでもない場所にセシウムまみれの糞を蒔く。チェルノブイリの汚染を鳥はユーラシア大陸の四方八方に撒き散らしている。・・・いた、と過去形で書けない。いま現在もチェルノブイリは放射能を放散している。事故から数年して原発を覆った“石棺”は内部から冒され、再建築されることに決まった。鳥のことを書いたが、スラブの蝶だってむろん汚染されているのだ。
   

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。