スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧作映画・備忘録B

▽『キャラバン』(1999)エリック・ヴァり監督
 キャラバン
この地球上にはまだ人の脚力と荷駄を背負う家畜でしか旅をすることができない場所がいくらでもある。そういう旅を敢行するには経験を積んだ冷静・沈着な指導者の叡知が必要だ。しかし、その指導者も老いてゆく、たぐいまれな経験も老いの前には朽ちるものとなる。
 本作は生きるために山の岩塩を麓に卸すための旅を描く。峻厳な高山地帯を旅するネパールの一共同体の人びとの生きざま、死生観などを美しいも雄大な、そして厳しい試練を与えるヒマラヤの山を背景に描いた映像詩。監督はフランスの人だが、登場する俳優はネパールの人らしい。鳥葬の光景や雪山を歩く人たちの防護の智慧など文化・風俗的な興味も満たしてくれる秀作だ。思わず大きなスクリーンで見直してみたいと思わせる作品だった。
▽ディズニー映画『三人の騎士』(1944)wrtb.jpg

 ラテンアメリカ、特にメキシコ、さらに言えば、その音楽に愛着を覚える者にはディズニー・アニメのなかで無視できないものだ。ラテンアメリカの旅となっているが、1944年にメキシコで先行公開されているようにメキシコでの興行を意識した内容となっている。実写として観光開発直後のアカプルコ、先住民の独特の漁法で知られるパツクワロ湖、ベラクルスの民謡、オアハカ地方の「サンドゥンガ」なども観れ、聴かれる。フルーダ・カーロが生き、愛していたメキシコが登場するわけだ。しかも、色彩版だ。44年だ。日本ではすでに敗色濃厚となった戦時中の映画。ディズニーはラテンアメリカの旅に出かけましょう、とこんな映画を作っていた。しかもカラー映画で。戦争の気配なんてどこにもない、皆無である。日本での公開は1959年3月だったとか・・・。制作から15年後となる。その時、日本人たちはこのアニメから何を感じたのだろう。日本の都市が次々と空襲で瓦礫の山を築いているとき、アカプルコの浜でリゾートしましょう、という映画を制作していたわけだ。ちなみに、このラテンアメリカの旅シリーズは本作に先行する作品もあった。ブラジルのディーバ、カルメン・ミランダの妹オーロラ・ミランダも登場する。音楽資料的にも貴重だ。そうそうアウグスティン・ララの名曲「ソラメンテ・ウナ・ベス」が早く英歌詞で歌われていて、その先行例だろう

▽『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』 アナンド・タッカー監督(1998年・英国)
 本ブログでも紹介した岩波ホール公開予定の『オレンジと太陽』の試写を観てから、同作で主演したエミリー・ワトソン主演映画『ほんとうの~』を見直したくなった。エミリー・ワトソンという女優の存在を世界的に印象づけることになった映画だったから。さらにいえば、先月、広島のオーケストラによるエドガーのチェロ協奏曲に演奏に接し、ジャクリーヌの十八番であったことも本作を思いだしたきっかけを作ってくれた。
 自我自尊、天才気質をそのままに小悪魔的に生き抜き、不治の病い(多発性硬化症)に斃れたジャクリーヌの短くも激情的な生涯を象徴化してみせたワトソンの演技力にあらためて関心もし、『オレンジと~』ではストイックな意志の女性を演じ切った見事さにまた関心もしていたのだ。かのダニエル・バレンボイムの妻でもあったジャクリーヌであったが、彼を翻弄しつづけたということでも特筆すべき才能であった。音楽という美の不可思議さ深淵も垣間見せる映画でもあった。
 しかし、エドガーの「協奏曲」は多くのチェリストが取りあげるごとに、熟成されドボルザークやシューマン、あるいはハイドンの曲に抗しうる力を与えられ、20世紀の古典となっていったことを認識する。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。