スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実を語る責務 『テレシコワ自伝』

真実を語る責務
 書評『テレシコワ自伝  宇宙は拓かれた大洋』
0310tereshkova3.jpg
 
 ワレンチナ・テレシコワと聞いて、初の女性宇宙飛行士だったと即座に答えられる若者は少ないだろう。 1963年6月16日、ボストーク6号に搭乗、世界初の女性宇宙飛行士となった。地球周回48回、70時間30分飛行した。宇宙飛行を先進した米ソ両国合わせて12番目の宇宙飛行士であった、そして初の非軍人宇宙飛行士でもある。
19年後に二代目の女性宇宙飛行士が誕生するまで、彼女は、個人識別用のコールサイン「チャイカ(かもめ)」とともに女性の地位向上のシンボル的存在となった。
彼女はロシア人というより「ソ連人」とあったというべきだろう。宇宙飛行後、しばらくして自伝『宇宙は拓かれた大洋』を書く。日本でも65年9月に邦訳(合同出版)が出た。最近、この自伝を必要がって読了した。敢えて、現在のテレシコワさんの近況、ソ連邦解体後の生活を無視、調べることなく読んだ。
 大戦中、父親は対独戦争で戦死している。この父親に関する記述が、母親へのそれと比べるとあまりにも少なく不自然な気がしたが、まぁそういうこともあるだろうと思い、読み過ごす。稼ぎ頭の父親の死は、家計の負担を母に押し付けることになり、その辺りは、大戦後のソ連時代でも、クレムリンにほとんど手を差し伸べていなかった実態がうかがえ、ある意味、『自伝』の信ぴょう性を確信させもした。
 貧しい少女時代を過ごし、タイヤ製造工場や紡績女工として勤労生活などを綴っていた。その克明な記述は貴重な時代の証言となっているが、共産党礼賛には辟易した。女工としての勤務の日々のなかで、彼女はパラシュート・クラブに参加しているが、その経緯が唐突な感じを抱かせた。まぁ、いろいろ不自然さを感じさせても、『自伝』を流れる空気は、スターリン没後、フルショフ時代初期の“雪解け”の季節の若々しさを感じさせるもので、好感をもたせるものだった。
 読了後、さて現在のテレシコワさんは、と思い、色々、調べてみた。
 ソ連邦が崩壊、言論統制が解けた後にさまざまな真実が明らかにされるなかで『自伝』の信ぴょう性そのものが揺らいでいたことを知る。彼女は、「(宇宙飛行は)万事好調」であったと書いているが、飛行中にそうとうなパニックに陥ったことを知る。あるいは、『自伝』のなかで「最愛」の彼(宇宙飛行士)との婚約・結婚、むつまじい写真まで掲載されているのだが、これが政府方針の政略結婚であったことを知る。これは人権問題そのものだが、当時のソ連邦ではクレムリンに逆らうことは初の女性宇宙飛行士といえどもできない相談だ。その彼とのあいだに子をもうけながらも離婚している。
初の女性飛行士という偉業は、「わたしはかもめ」というフレーズとともに永遠不滅だが、ソ連人としての個人生活はけっして幸せではなかったようだ。
 私が手にした『自伝』は6刷、とある。初版から1カ月足らずで5刷も増刷が繰り返されている。つまりベストセラーとなった本だ。しかし、読者の多くは、真実の書を読んだわけではなかった。『自伝』は多くの言語に訳され、世界中で読まれたはずだが。ソ連邦時代にねつ造されたウソはいまも多くの人の心に真実として滞留しているはずだ。歳月をやり過ごしてきたウソは次代にも引き継がれもする。テレシコワさんは再度、『自伝』を書くべきなのかも知れない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。