スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『セブン・デイズ・イン・ハバナ』 7監督のオブニバス

映画『セブン・デイズ・イン・ハバナ』 7監督のオブニバス
7デイズ・イン・ハバナ


ハバナには5回ほど行っている。いっかいの旅行者には足の便が悪く、食事もお世辞にも美味しいとはいえないし、物価も他のラ米諸国に比べても高い上に品質も落ちる。それでも抗いがたい魅力に満ちた町だ。
その魅力の源泉はいったいなんだろうというと、キューバ行を終えるごとに思う。これだという明答を見い出せない。多層で錯綜している。濃密な印象がある。それは旅につきものの夕暮れ時や深夜にふと感じてしまう感傷的な旅情といったものまで溶かしこんでしまう濃密な気配なのだ。
カリブの太陽がつくりだす濃密さではない。中米ではどこでも太陽は強いから。けっきょく人の息遣いが呼応しあって作りだす濃密さではないか、と思ってしまう。ちょっと我田引水めくが、本作にその濃密さを感じた。
 本作は、キューバ、フランス(2人)、プエルトリコ、アルゼンチン、パレスチナ、スペインの監督7人がハバナの1週間を1日単位で描いた。各監督がハバナに滞在した期間は知らないが、7つの短編に色濃く宿る印象はハバナ市民のリアルな生活臭だ。それは作品それぞれの色合いが違っているにも関わらず、全編に通底する気配そのものだ。それが濃密なのだ。
 付け加えれば目線の低さで貫徹されている。登場するハバナ市民の生活はみな等しく貧しい。その貧しさは米国フロリダを目指し賭けて羅針盤をもたずにサメが遊弋する海に漕ぎ出すボートピープルに象徴される。しかし、市民のほとんどはいくら生きがたくともハバナから離れようとはしない。それが市民の日常性だ。映画に登場するハバナ市民はそうしたフツーのひとたちだ。
 冒頭の「月曜/ユマ」は先年、チェ・ゲバラを演じた俳優ベニチオ・デル・トロが初メガフォンをとった作品。スペイン語を話せない米国の青年が車付きで雇ったドライバー、その家族・友人と過ごすなかで市民生活に触れたというスケッチ風の好編だが、これが淡彩にならないところがハバナなのだ。何気ない日常を描いても、そこに音楽がありダンスがある。恋があり性愛もある。そして政治の影があり、背中あわせに亡命行を密かに準備する人の気配がある。スペインのフリオ・メデム監督が撮った「水曜日/セシリアの誘惑」や、名作『苺とチョコレート』のファン・カルロス・タビオ監督の「土曜日/甘くて苦い」には、ささやかな才能を活かして、苦しい生活から逃れようと足掻く市民の姿が描かれている。パレスチナのエリア・スレイマン監督の「木曜日/初心者の日記」では中東から来たジャーナリストらしい初老の男(監督自身が演じた)が、フィデル・カストロの演説が終われば指導者のひとりにインタビューできるだろうと某国大使館の書記からいわれ、その演説を待つ間、町を徘徊し市民の姿を望見するという台詞のまったくない作品だが、これが面白い。元気なカストロのギネス級の長大な演説はつとに知られていたが、実際はなかみ空疎である場合も多い、その演説は批判とはいわないが比喩的に批評されている映画がキューバで撮られた、という事実も面白いではないか。キューバの社会主義の緩やかさ、風通しの良さ、現に生き残っている体制そのものの持続力は、こうした表現の自由といったことも重大な要素だと思う。人気のない浜から手作りのボートで乗り出す市民の姿も否定でもなく肯定するのでもなく、ただある光景、事実として受け入れ客観視する視点がそこにある。
 最終編、「日曜日/泉」はフランスのローラン・カンテ監督が担当。あるアパートの朝。民間信仰サンテリアの女司祭マルタが突然、住民たちを大声で叩き起こし自室に召集する。何事かと集まった住民の前で、「今朝、(川の神)オチュンのお告げで、ここでフィエスタを開く。ついてはその準備のために部屋を改造し、ここに泉を造って魚を放し、聖母を祭る。ついては皆、協力すること」と一方的に告げる。物不足のハバナでそんなこと急にいわれても、と躊躇いつつもマルタの勢いに気押され住民たちはそれぞれ創意工夫、夕暮れ時にはなんとか間に合わせてしまう、という寸劇だ。ここに現在のキューバ市民の力があるのだろう。貧しくとも笑顔を忘れず生き抜いてきた民衆の底力があるように思った。現実の厳しさを突き付ける短編も観た後、大円団となったサンテリアのフィエスタのシーンに同化したい自分がいた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。