スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『マヤ ~天の心、地の心』

映画『マヤ ~天の心、地の心』  フラウケ・ザンディッヒ、エリック・ブラック共同監督
maya-640x360.jpg

 メソアメリカの深奥部から貴重な映像が届いた。
 先住民マヤ族の創生神話『ポポル・ヴフ』の一節をマヤ語で語るところから説き起こされる映像は一篇の叙事詩である。
 浜に海がめが群れとなって産卵に来る。熱帯霧雨林に朝が訪れ、朝霧が流れてゆく。密林の樹根を這う葉切り蟻の行進。金属光沢をもつ熱帯の鳥の旋回。けれど、その地に生きたマヤ族の歴史は、コロンブスの世紀以来、苛酷なものとなった。その歳月は五百年に及ぶ。そして来月、12月21日、古代の営みともにはじまったマヤ暦は5125年という長大な歳月を一期として終期を迎える。これに便乗して金儲け主義の出版社、あるいはあこぎなハリウッドは定見なきパニック映画を制作して終末幻想を振りまく。
 マヤ人たちは第一周期の終焉とともに新しい周期にはいることを知っている。ただ、最終期の五百年間があまりにも苛酷であったから、新しい周期ではその癒しの歳月とした、と切に思う。
 マヤ人にとって苛酷な終期の五百年間こそコロンブスの大航海時代とともにはじまった経済のグロバリゼーションの弱肉強食の歳月であり、その犠牲の象徴してメソアメリカの先住民たちが存在すると主張されている。むろん、グロバリゼーションは地球を際限なく傷つけていることを各地に取材して告発もする。しかし、短い時間でその〈傷〉を象徴するため映画はマヤ人を描き通す。かれらに加えられた試練を通して、人は地球という掛け替えのない美しい星に仮寓して生きている存在でしかないことを悟らせてくれる。
 いま、われわれは便利で快適な生活を送っていると自覚するなら、それは地球を侵しながら成り立っていることを知らなければいけない。電力を作る石油、あるいは石炭、原発を支えるウランなどすべて地球の美しい襞を切り刻み、掘り侵し、ふたたび緑の繁殖をゆるさないように傷つけた営為のなかから取り出されたものだ。水力もまた自然の清流を堰きとめ豊かな森林を水底に沈めたダムによって取り出された〈負〉のエネルギーだ。
 いま世界中の先住民の大地でそういうことが破壊的な規模で行なわれている。メキシコやグァテマラではマヤの大地を、ブラジルではアマゾン先住民の地を侵し、チリではマプチェ族の聖地を葬ろうとしている。
 『ポポル・ヴフ』の一節はマヤ語、たぶん、キチェ語で語られる。グァテマラ先住民キチェ族の集落チチカステナンゴに建つカトリック教会の一隅から発見されたといわれる聖典。ローマ字表記をしったキチェの神官たちが、キチェ語の音をアルファベット化して保存したといわれる。その聖典の発見者はスペインからやってきた司祭であり、キチェ語学んだ彼は、それをスペイン語に訳して世界への伝播者となったわけだが、その発見の原本というものは存在しない。彼の証言だけが唯一のよりどころなのだ。つまりマヤ族は自分たちの創生神話とするものを自分たちで発見したわけではなく、訳業もスペイン人司祭であり伝播者もスペイン人であった。
 先住民を大量虐殺して進んだ初期植民地時代における苛酷は、自分たちの神話すら収奪者の恣意的行為に蹂躙されていたといえる。
 映画に登場するマヤの地はメキシコの南部チアパス州の古都サンクリストバル・デ・ラス・カサスとその周辺の寒冷な高地、そしてラカンドンの密林地帯、グァテマラの山岳地帯と海岸部だ。いちいちその習俗・習慣の違いを詳細に語らないが、マヤ圏とはさまざまな気候風土を持ち、多様な人びとが住む変化に富んだ広大な大地であることが映像で証明される。そして、どこの地でも彼らの生活は貧しい。そして、経済のグロバリゼーションのシステムが持続するなら、彼らは構造的に貧困を強いられるつづける存在であると語られている。
 グァテマラではカナダ資本の鉱山会社による金鉱の実態が批判的に語られ、メキシコでは米国モンサント社で大量生産された遺伝子組み換えのトウモロコシ種子によって自然栽培のトウモロコシが駆逐されていく現状が語られる。多収穫を望める遺伝子組み換え作物は必然、廉価となり、自然栽培をつづける貧農の暮らしを圧迫する。生地で生活できなくなった貧農は、畑を放棄して都市に流出、やがて米国へ不法越境し最下層労働者となって喘ぐ。そうした現実にささやかな武力をもって放棄したのがチアパスの先住民、サパティスタだと語られる。
 映画は貧しいマヤ先住民に同情せよ支援しろと糾合しているわけではない。ただ在る現実をおしえてくれるだけである。
 映画はマヤ暦5125年の周期が来年、完結することに着目し、その終焉の日を、収奪型の経済システムの終わりとしたいという願望をこめて作られている。かつてマヤ族の叡智が天体を観測し、統計を取り完成させた精密な暦のシステムは、西欧のグレゴリオ暦に先行する偉大な業績である。それは古代マヤ族の文化の黎明とともに始まった。そして、いま先進国の破壊的な経済システムによってマヤ族は苦吟している。
 来年12月21日は、マヤ族が隷属的状態から解放される転換点とするべきだ、との主張も内包されている。むろん、ことは簡単ではない。カレンダーはまた新しい周期に向かって回りはじめる。その新しい周期は、地球の地力を回復させるものにしなければ人間は自滅すると、映画に登場するマヤの人びとはそれぞれの生活の言葉で語っているのだ。  
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。