スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花もつ女たち*N05*ジョージア・オキーフ アメリカ絵画のグランドマザー

ジョージア・オキーフ 1887~1986


 「アメリカ抽象絵画のグランドマザー」と形容されることがある。“グランマ”には子、孫がたくさんいて気丈なイメージがある。確かに影響力の大きな画家ではあったが、ニューヨークなどにあって人工光のなかで描いてた作家と比べると、オキーフはあくまで外光派の抽象画家だ。厳密にいえば自然の揺るぎない形態からインスピレーションを得た半抽象画家である。
 20世紀の米国にあって隆盛みた抽象絵画だが、彼女は唯一無二の存在であって、孤高という真の靭(つよ)さがある。自身、「中西部の、米国のなかでもあたりまえで健康的な地方」育ったことが絵に大きな影響を与えたと書いている。つまり、彼女には都会の喧騒から早々と抜けてヨーロッパにない雄大な自然に囲まれ、大気の流れのなかで呼吸し、生々流転を注視し愛(め)で、米国の野生を象徴する画家となった。子や孫は関係なく一代の強靭な個性である。
 オキーフの名を高めたのは画面いっぱいに描いた花の絵だが、そこには女性の生殖器を象徴する美の主張もこめられているだろう。可憐な花ではなく、野に咲く野生の女オキーフの自画像であるかも知れない。そこには西部開拓史における女の力強さも感じる。
 心身ともに健康的である。“グランマ”に大地に育まれた健康的な農婦というイメージが筆者にある。その意味での「グランドマザー」という献辞なら理解できる。
 オキーフは約100年生き、70年間描きつづけた。広大な米国の風土を思うとき、オキーフの絵に仮託して想い出されるような〈典型〉が描かれているとも思うのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。