スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花もつ女たち №8*小林ハル (瞽女 1900~2005)

小林ハル 瞽女(ごぜ) 1900~2005

 小林ハルの芸が全国に知られるようになったのは70歳を過ぎてからだ。
 瞽女を廃業し、仕事道具であった三味線をもたずに養護老人ホームに入所して以後のことだ。その当時、すでに旅回りする瞽女さんは数えるほどしかいなかった。
 瞽女という日本特有の民衆芸能は、新潟の長岡と高田の瞽女屋制度のなかで育まれ、信越から南東北地方を経巡ってなりわいとした門つけの芸だ。いまはもう存在しない。ハルは、その長岡瞽女最後の人といわれた。
 ハルの芸がはじめて録音されたのも70を過ぎ三味線をいったん手放して以後のことだ。そうした録音などによって人間国宝となる。
 当時、高田系瞽女唄の伝承者として杉本キクイ、刈羽系瞽女の伊平ソイが無形文化財保持者となっていた。そのなかでハルの生涯が語られることが多い。
 それは90歳を過ぎてもなおハルさんの記憶が明晰で、瞽女という独特の芸能の生き字引として聞き手を飽きさせず語れる知の宝庫であったからだ。
 さらに明治に生まれ大正、昭和、平成と三代を全盲(とあえて記す。障害者への福祉制度など皆無だった時代に生き、メクラとして時に蔑まれながら生きた)としてのハンディを背負いながら女ひとり、芸ひとつで自力で生きてきた。その壮絶な生き様に感銘する者が多かった。そして、ハルの芸はそうした自らの生きざまの証(あか)しとして圧倒的な存在感をもっていたのであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。