スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤圭子さんの死

藤圭子さんの死

 藤圭子さんの突然の逝去を知って、ギター片手に“怨歌”を歌っていた頃を思い出した。
 「圭子の夢は夜ひらく」は鮮烈だった。
 もともと元祖三姉妹の園まりさんのヒット曲だった。
 園さんの粘つくようなコケテシュな歌も良かったし、それはそれでヒットしたのだ。ところが藤さんのそれは、園さんの歌とは対極といっていいほど、突き話した醒めた、なにか隙間風がさむざむと吹き抜けるような歌だった。まったく同じ素材を使いながら、これほど違ってしまうものかと、感嘆したものだった。
 園さんの歌は、レコード会社の演出、企画物だったろう。しかし、藤さんのそれは個性だった。
 藤さんはデビューから個性が際立っていた。
 個性そのものが芸だった。
 そして、その芸が飽きられてしまえば、それで終わりだ。
 個性は容易に変えられないのだから、時間勝負の大衆歌謡の世界では落後していくしかない。どうにもしょうがない。
 前川清と結婚、離婚・・・そしてニューヨークに移住、というところまでは耳にした。
 そして、後年、宇多田ヒカルの“母親”として再登場した。だが、それだけだ。
 ヒカルさんも個性豊かな歌手だ。デビュー時からグレードが違っていた。ヒカルさんの歌は最初、メキシコで聴いた。正直、日本を主舞台にせず米国を中心に活動していればクリスティーナ・アギレラぐらいの人気を獲得でいると思った。でも、彼女は日本を重要拠点とする。アギラが母国エクアドルとは距離を置いたのとは行き方は違った。
 日本人はやはり戻ってしまう。米国のなかに巨大なスペイン語マーケットを活用できるヒスパニック系歌手との感傷性の違いだろうか?
 藤さんは人気歌手だった。娘の才能の開花を自分の青春になぞらえることはできても、“母親”には徹することはできなかったのだろう。娘の才能をさらに豊かに、その才能に群がる海千山千の壁になろうというような、美空ひばりさんのおかあさんにはなれなかった。
 娘が稼ぎ出す金をひたすら消費する。それは自分が人気歌手だった当時、稼ぎ出しながらも超多忙で遊興に使うことのできなかった時代を、遅れて補うような日々であったのではないか。
 しかし、そんな生活はしょせん虚栄・・・相変わらず地に足のつかない生活だ。
 藤圭子は飛んだ。一閃の飛翔・・・イカロスより高く飛ぶことはできなかった。
 自死もまた、彼女にとっては個性だったに違いない。
 不可解な死とはいうまい。
 彼女は遺言で、葬儀をいらないと書いたそうだ。死をあくまで孤的なものとして選択した彼女は、赤の他人の涙を峻拒(しゅんきょ)したのだ。葬儀の周囲でしらじらと批評されることを拒んだのだ。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。