スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花持つ女 №12*草間彌生 (日本/1929~)

 草間彌生 (全身芸術家*日本/1929~)
  

 求道者は巷間の毀誉褒貶に動じない精神力を持つ。剛直でもあり柔軟でもある。常に懐刀を抱えて、みごと腹掻っ捌いて自ら果てようという気概もある。女性の草間さんにそういう批評が妥当かどうかはにわかに判断できない、というのが正直な気持ちだけど、しかし、そんなふうに思ってしまう。
 しかし、批判があまりに陳腐、低劣であればさしもの求道者もたたかう前に呆れるだろう。
 草間は日本でまともに受け入れられずスャンダラスな汚名を浴びせられた。そんな日本に見向きもせず、ニューヨークを活動拠点として大西洋を横断しながら国際的名声を勝ち得た。もっとも現在の日本美術界が草間を正こくに評価しているかといえば、そうもいえない。国外の名声に逆らえずおずおずと受け入れている、といった気配がある。もっともそんな「評価」は草間にはどうでもよいことで、現在も彼女しか展望できない地平線に向かって邁進中だ。
 草間が繰り返し執拗に描き造形しつづける同一反復、あるいは無限の増殖性はまったく個人的資質から発している。そこに高邁な理論があるわけでなく、草間にとっては慰安にいたる精神的浄化の手わざであった。
 草間はいう「嫌いなもの、厭なもの、怖いものを、作って作って作っていってそれを乗り越えていゆくのが、私の芸術表現なのだ」と。
 草間はそれを、「サイコソマティック・アート」と名付けた。
 幼少期の複雑な家庭環境から超脱するための慰安として描きはじめたことをかくさない草間は、いわば全身芸術家なのだ。
 いま、日本を代表する現代アートの最良に草間と、そしてヨーコ・オノ(1933~)がいる。ともにほぼ同世代の女性であることはもっと注視されたい。活動領域は違うが、ピアニストの内田光子(1948~)も加えるべきだろう。彼女のピアノも深い精神性を宿すもので、モーツァルトと異界で交流する。
    

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。