スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を席捲する若きギターリスト・・・朴葵姫嬢

チャーミングに世界を席巻するギターリスト
  ~韓国生まれ日本育ちの朴葵姫嬢
朴

 世界有数のギター・コンクールを行脚、ことごとく優勝、ないしは上位入賞を果たし、昨年には世界最高レベルといわれるアルハンブラ国際コンクール(スペイン)で第一位及び聴衆賞を獲得した。

「聴衆賞」というのは他のコンクールでもよくあることで、これは規定が明確にあるわけでないから即断できないけど、技術面では難があり優勝ないしは入賞は無理だが、聴衆にアピールした華があり、熱演だったと選ばれたりする。次点、ないしは3,4位のなかから選ばれることが多いように思う。
 しかし、優勝して聴衆賞も獲得したとなると話は別だ。実力も華もある、つまりステージ演奏家として金の取れると、認められたようなものだ。葵姫はアルハンブラのコンクールで技術、曲の解釈だけでなく、不特定多数の聴衆の心を打つインパクトを与えたということだ。スペインだから、それは「情熱」の強さと受け止められたかも知れないし、可憐な女性が優雅に弾きこなしてしまう超絶技巧にたいする驚嘆であったかも知れない。

 その葵姫のリサイタルが9月18日、東京築地の浜離宮朝日ホールで開かれた、コンサート・イマジンの招待を受け、歓んで参加した。
 スカルラッティの古典から現代曲までと約300年のギター曲の変遷を1時間半ほどで聴かせる構成だ。スペインとラテンアメリカのギター曲に特化したリサイタルだった。

 爪弾かれた瞬間から優美さが求められるスカルラッティのソナタを、まるでスペイン宮廷に仕える楽師のように軽々と弾きこなし、会場にたおやかな雰囲気で包み込むと、つづいてロマン派の曲、さらにヴァイオリンのパガニーニのような超絶技巧の難曲で、弦を押さえると同時に、その右指だけで弾くパートをもつリュベート(スペイン)「ソルの主題による変奏曲」(この曲に関しては、彼女ならさらに完成度が求められる)、そして現代ギター曲の古典といえるバリオス(パラグアイ)「大聖堂」(*この曲に関しては後日、別立てで書きたいことがある)、そして彼女の新作アルバムの表題曲になった、やはりバリオスの「最後のトレモロ」等など。清新な才能に魅了された時間だった。

 最近、クラシック業界の新進演奏家の女性陣はほんとうに美女、美少女が多い。ヴィジュアル面でも魅せてくれる。うすいピンク地のロングスカートにギターを抱えた葵姫だが、チマチョゴリで弾いても似合いそうだ。

 現在、日本、そして韓国を中心に活動する葵姫。昨今、日韓関係は竹島問題発生以来、ギクシャクしたままだ。友好親善であるべきサッカーの試合も、亀裂をさらに抉るだけの事態になっている。東京・新大久保の通称コレアンタウンでは、毎週のように「韓国人は死ね」、「出て行け」とヘイトスピーチを繰り返す「在特会」なる存在がある。東京五輪の誘致で、日本は「お・も・て・な・し」の心を訴えたが、それに水をさすような現実がある。
 
 葵姫の演奏を聴きながら、韓国で生まれ、日本で育ちギターを学び、対馬海峡を行き来して活動し、母国語も日本語も流暢に話すチャーミングな笑顔の美しい実力者こそ日韓友好使節としてふさわしい人材はいないだろうと思う。

 当日の浜離宮朝日ホールはほぼ満席、彼女と同世代の若手ギター演奏家たちも観客席に散見された。終演後、聴衆は惜しみない拍手を贈りつづけた。その拍手のなかに、ただ演奏に対する評価ではなく、「これからもあなたのことを一観衆として支持しますよ。音楽に国境なんかあるものですか」という理想の心があるように思う。芸術を愛する心に民族差別は生じない、と信じる愚直さを持つことこそ、いまの時代にふさわしいのではないかと思う。  

コメントの投稿

非公開コメント

気持ち悪い
プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。