スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花もつ女たち №19 アルテミジア・ジェンティレスキ

アルテミジア・ジェンティレスキ(イタリア/1593~1653)
  「絵画の女神としての自画像」


 アルテミジア、37歳の時に描かれた絵に「絵画の女神としての自画像」がある。なんとも大胆不敵な表題がつけられたものだ。自讃なら彼女のプライドの高さがうかがわれる。
 その絵に自らとどめた女性画家の像とは……手は絵具で汚れ、筆もつ腕の袖は粗雑にたくし上げられ、髪の乱れも気にせず一心不乱にキャンバスに向かう自画像。
 この「女神」は花園で舞う美神ではなく、アトリエという労働の場で格闘する働く女の像。17世紀前半に職業画家として自立したアルテミテジアだが、この時代の画家はアーティストではアルチザン、特殊技術をもつ職人であった。職人の世界は男の社会だ、偏狭な場だといっても良い。当然、女性であったための苦労話は多々、残る。
 真相は分からないが絵の師にレイプされ醜聞の渦中に投げ込まれたといった実話も残されている。
 女性は、男性の裸体を描いてはならない、と禁じられていた時代にプロとして自立するのは容易ではなかった。そもそも女性が画家を名乗ることも憚られる時代であった。制作の前に乗り越えるべき障壁が彼女の前に幾重にもあったのだ。
 遺された作品から当時の先進的な技法を貪欲に吸収し消化していたことがうかがえる。
 優れたイタリア・バロック盛期の人材であった。それでも、彼女の名と仕事はバロックの時流が去るとともに忘却され、美術史はアルテミジアの作品すら彼女の父で画家であったオラツィオ・ジェンティレスキの作品として長いあいだ無視されたのだ。

 アルミテジア生涯の真実は歴史に隠蔽された。
 近年、イタリアで映画『アルミテジア』が撮られた。レイプに関する逸話も、熱情の愛の物語として脚色され、「自画像」も10代の制作と語っていた。映画は「史上初めての女性の職業画家」としていたが、これには異論はあるだろう。しかし、女性美術家史の序章で語られる才能であることはまちがいない。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。