スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“サルサの詩人”ルベン・ブラデス、大統領選に立候補か


ruben_blades_1.jpg


 来年5月、中米パナマで大統領選挙が行なわれる。
 パナマ運河の拡張工事の推進、麻薬問題、貧富是正など山積する難問に対して緊急で効果的な問題に取り組みことを強いられる次期大統領を決める重要な選挙だ。事実上、前哨戦というべき選挙活動はすでにはじまっている。各種、世論調査の結果が新聞紙上を賑わしている。

 このパナマ大統領選挙に“サルサの詩人”ルベン・ブラデスが、「前向きに再選に臨みたい」と検討していることを8月、メキシコ市での記者会見で述べていて、パナマ政界にも静かな波紋が広がっているようだ。有権者のなかにもブラデスに期待する者も多いだろう。
 1ヶ月ほど前に行なわれた世論調査ではパナマの有力政党の民主革命党(PRD)、民主変革党(CD)の候補いずれも20%台の支持しか集めていない。しかも、候補者のひとりは現副大統領という知名度の高さを誇るなかでの結果だ。絶対的候補が不在ということだ。来年の選挙は波乱含みだ。
 ここにサルサのメインストリートを歩いてきたルベン、抜群の知名度を誇るルベン・ブラデスが自ら創設した政党パパ・エゴロ(パナマの先住民の言葉で「母なる大地」)から出馬すれば、まったく予断のゆるさない状況になる。ブラデスが当選しなくても、有力候補に大きな影響を与えるのは必至だし、その結果によって政界地図も変わる。既成候補もブラデスの動向はおおいに気になるところだろう。

 1994年の大統領選挙で創設したばかりのパパ・エゴロから出馬し、約20%の得票を得て3位になった実績がある。そして、その選挙を通じて都市部では大きな支持を集める候補として注目され、パパ・エゴロから国会議員も選出された。
 2004年の選挙ではマルティン・トリホス候補(パナマの国民的な英雄・故オーマル・トリホス将軍の息子)を積極的に支援、勝利に貢献し、04年から09年まで、トリホス大統領の政権下で名誉職的な地位であれ観光大臣に就任した実績もある。

 「私にはこなさなければならない仕事が山積しているが、チャンスがあれば、それを逃さず出馬したい。何故なら、この5年間の(現政権下での)パナマはけっして喜べる状況ではなかったからだ」とブラデスは語っている。

 1994年には46歳だった壮年ブラデスは、歌手活動をこなしながら選挙でも精力的に動き回る若さがあった。一日、街頭キャンペーンに奔走した後、コンサートもこなすタフな若さも売りだった。その1日を彼とともに取材したことがあった。熱帯酷暑のなかで飛び回り、夜にはコンサートもこなしていた。
 しかし、来年66歳となるブラデスには、過酷な仕事を両立できるほどの活力があるかどうかははなはだ疑わしい。活動拠点も米国ロス・アンジェルスだ。選挙戦のさなかにも米国とパナマを往復しなければならない。
 ……とはいえパナマの多くのブラデス・ファンは、彼に権力を監視し、社会正義を正すような政治力だけは維持して欲しいと願っている人は多いはずだ。  
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。