スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花持つ女 №21*ウィニー・マンデラ

花持つ女 №21
 ウィニー・マンデラ(人権活動家*南アフリカ*1936~)

  南アフリカの黒人大衆を法的に非人権的状況を強いるアパルトヘイトは、国際社会から大きな批判を浴びたが、国連をはじめ多くの国際機関も廃絶できなかった。
  黒人大衆自ら長年の苦闘のなかで廃絶を実現したものだ。その活動の指導者のひとりが昨12月、亡くなったネルソン・マンデラであった。ウィニーはその妻であった。
  マンデラの妻、という書き出しはウィニー本人嫌うかも知れない。けれど結婚生活の大半、約30年間、獄中にあったマンデラ氏を支えた。ただ妻として献身的に仕えたわけではない。彼女自身、厳しい運動の歳月を過ごしていた。たび重ねる弾圧、僻地追放、逮捕、自身、獄中に囚われる。そして母となり、父の顔も知らない子どもたちに愛情を注ぎ、ソーシャルワーカーとしての仕事もする。ウィニーは、南アにおいて黒人女性として最初のソーシャルワーカーとなった草分けでもあった。
 獅子奮迅というは易い。それも、すべて夫マンデラ氏が指導する解放闘争への共感であり、いうまでもなく妻としての献身・愛情の深さ故だ。そして、自分の黒い肌のプライドだ。
 
  自伝のなかに1957年から1985年までの簡素な活動メモがある。
  57年はウィニーがマンデラ氏と邂逅した年だ。85年は黒人民衆の反アパルトヘイトの一大行動ソウェト蜂起に連座し逮捕され被告の身にあったときだ。その約30年、マンデラ氏とは夫婦でありながら接見すら許されない歳月がつづく。ウィニー自身、獄中にあった時期も長い。そうした生活のなかで貧困にめげずプライドを保ち、闘争の熱を保ちつづけることは驚異的なことだ。それを貫徹した女性だ。
  マンデラ氏の国葬に諸外国から要人が多数参列した。その功績が追想されるなかでウィニーの存在はほとんど無視されていた。離婚してしまったせいもあるが、葬儀の記憶が新しいうちにウィニーを讃えておきたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。