スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ジプシー・フラメンコ』 エヴァ・ヴィラ監督

ジプシー・フラメンコ  エヴァ・ヴィラ監督
about_amaya.jpg
  シンプルでジプシー・コミュニティーへの情愛に満ちたドキュメント。
 原題「Bajari」はスペイン・ジプシーたちの言葉でバルセロナを指す。
 バルセロナはガウディのサグラダ・ファミリア教会を中心とする観光の
 ランドマーク、五輪を開いた都市の経済的繁栄でもないバルセロナだ。
 大都会の片隅にどっこいおいら達も生きているぞ、という意味の小バ
 ルセロナだ。東京でいえば足立、葛飾、台東区あたりの片隅。
 フラメンコは作為なしで写し録音しただけで絵になる。フラメンコ主題で
 数編の秀作を撮ったカルロス・サウラ監督などは、その効用を熟知した
 上で演出し商業的な 成功を収めた。しかし、本作はそうした手法とは無
 縁のところでフラメンコの日常性の描いている。
  たとえば冒頭、屋外の布張りスクリーンに往年の名作映画『バルセロ
 ナ映画』が上映される。それをみながらジプシーたちがそれぞれの感想
 を声高に話す。スクリーンに合わせ踊りだす者もいる。映画はそんなふう
 に自然体のフラメンコを紡ぎだしてゆく。その映画が上映されるのは撮影
 の直後に急逝した舞踊家カルメン・アマジャの生誕100周年を記念した
 企画が本作であるからだ。
  カルメンはフラメンコを芸術に高めた名手として知られる。本作にはカル
 メンの血を受け継ぐ実の姪とその娘も 登場する。あともにフラメンコ舞踊家
 だが広く認知されているわけではなかった。しかし、カルメンに捧げる新
 曲を発表する舞台を企画した歌手の一人が、姪とその娘を抜擢する。
 「カルメンの熱い血は受け継がれているはずだ」と。  
                                    *映画『バルセロナ物語』はもう日本では観られない。スペインではDVD化されているが一部のファンが輸入版でみているぐらいだろう。『バルセロナ物語』とは、日本で公開時のタイトルで、原題は「Los Tarantos」という。フランメンコの一形式をいうが、「狂気」「錯乱」の意味もある。内容からして、おそらく両義語として、原題がつけられたと思う。しかし、この映画は先年、亡くなったアントニオ・ガデス売り出し期のフラメンコが定着されている作品としてDVD化され、カルメンの名は共演者としてクレジットされているだけだ。それがスペインにおけるカルメンの位置づけだと思う。その意味ではカルメンの 再評価として本作が作られた意味はある。ただし映画『バルセロナ物語』そのものは凡作、フランメンコ・シーンとジプシーの集落を描いたシーンぐらいしか興味をそそられない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。