スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンジュラス  国境地帯で不法越境問題を歌うメキシコのバンダ K- Paz de la Sierra

中米ホンジュラス
 国境地帯で不法越境問題を歌うメキシコのバンダ K- Paz de la Sierra

K-paz.jpg
 中米ホンジュラス西南部に古代マヤ文明の学術都市であったコパン神殿遺跡がある。グァテマラ国境に近い高原にある同遺跡へのアクセスは首都テグシガルパからではなく同国第二の都市、カリブ沿岸のサン・ペドロスーラから入るのが一般的。逆にグァテラマから国境を超えてのルートを利用する者も多い。そして、この道筋はホンジュラス人がグァテマラへ
合法的に入り、メキシコそして米国国境を不法越境する際の足がかりとなる地だ。
 コパン遺跡に隣接して小さな町がある。そこでいま、メキシコで売り出し中のバンダ・グループ、K-パス・デ・ラ・シエラが7月26日夜(2014)、コンサートを行なった。
 2002年、メキシコ北部州ドゥランゴで結成されたメキシコでは定番のバンダ音楽を基層にしたグループ。バンダ音楽とは、日本でいえばブラスバンドでおなじみのスーザンフォーンやチューバという大きな金管楽器を加えるわけだが、彼はよ
り動きやすいチューバを採用する。しかし、彼らの音楽を紹介するマスコミ各紙は、バンダのグループというより、米国南部州からメキシコ、そして中米地峡の北部諸国ではすでに固有名詞となっているナルココリードで有名なグループとして紹介することが多い。ナルココリード、日本の西和辞書などには記載はなく、直訳すれば「麻薬俗謡」とでもなろうか。
 彼らのヒット曲のなかには日本でも同じみのアルマンド・マンサネロの名曲『アドロ』、米国C&Wの伝説的
な歌手ハンク・ウィリアムスの名曲『ジャンバラヤ』も見事なバンダ音楽として昇華している。
 そんな歌唱重視とも思える彼らも北部州出身グループとして、あまりにも身近な問題、不法越境、麻薬密売組織の犯罪、越境者が犯罪に巻き込まれている事実には無関心ではいられない。
 コパンは人口規模の小さな町だが、遺跡へのアクセス地としてさまざな国籍の観光客があつまる。そこでK-パス・デ・ラ・シエラが一夜、コンサートを持つことは中米諸国からの米国不法越境者の問題を注目させる。イベントの企画にホンジュラス政府、コパンの税関当局が関わったのは当然だろう。
 近年、米国国境地帯だけではなく、メキシコでもホンジュラス人の犠牲者が多く、社会問題となっていることが政府を動かしたといえるだろう。
 しかし、彼らが歌以外で強いメッセージを特に発したわけではない。
 政府軍が重装備で麻薬密売組織と戦っていても、その暗躍を抑え込んでいない現実がメキシコにある。そのメキシコを活動の場とする彼らにとっては関心度が否応なく高まる国境地帯でのコンサートで、麻薬密売組織をさかなでするような婚面とはできない。ホンジュラスの不法越境者の人権問題にも関心を抱き、人権団体に連帯することを表明することだけが精一杯だろう。メキシコでは麻薬密売組織を指弾した歌手が実
際に暗殺されている。しかし、メキシコの歌手は現在(いま)を歌うために麻薬問題には無関心ではいられない。政府に守ってもらえるわけではない。たえず生命と引き換えに綱渡りのような活動をつづけているアーティストの存在を無視することはできない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。