スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『汚れた心』~ブラジル日系人社会の悲劇を描く

ブラジル日系人社会にもたらした敗戦の悲劇を描いた映画『汚れた心』を撮った
  ヴィセンテ・アモリン監督
汚れた心
 日本の戦争は地球の裏側のブラジルに住む日系人社会にも深刻な影響を与えた。
 1945年8月15日敗戦を受け入れた人たち、この人たちを“負け組”、そして頑なに勝利を信じ信じ込もうとした、いわゆる“勝ち組”とのあいだに惹起された血の抗争があった。同胞同士のテロ行為で多くの死者が出た。この悲劇をブラジル人のヴィセンテ・アモリン監督が撮った。  

 まぎれもないブラジル映画だが台詞の大半は日本語、俳優も日本人。監督は日本語を解さない。そして、日系人社会のあいだでもオープンに語られることなかった悲劇を深い洞察をたたえた人間のドラマとして描いた。
 
 「私自身、自分の国でこんな悲劇があったことを、一編の小説を読むまでまったく知らなかった。小説は日系人が書いたものではなかったので客観性を持っていた。私はこの悲劇に戦争によって翻弄される個人のドラマを描けると思い、小説の映画化の権利を買い準備をはじめた。事件の当事者、日系人への取材は最初は困難でした。黙して語らない、そういう“壁”にぶつかった。けれど、私は、興味本意ではなく、戦争に翻弄された人たちを敬意をもって描くことを理解してもらってから取材ができるようになりました」
 
 アモリン監督は本作の前に、ナチドイツに翻弄される一大学教授の悲劇を描いた『善き人』という映画を撮っている。戦争という大きな状況に翻弄される個人の弱さ、「善意」すらも容易に政争の具とされてしまう悲劇を描いた。

 「人間はみな私的生活を超えたところで、社会的存在として“選択”を強いられることがある。社会が与える強制力に個人はどこまで抗し切れるか、という永遠のテーマがある。私はそれに興味がある。映画の観客の大半は、権力者ではなく市井の人たち。そんな公衆に向って権力と個人の関係を考えてもらいたいとも思っています」
 
 多くの死者も出した敗戦後のブラジル日系人社会は、それでも心の傷を胸底に隠しながら社会的成員として働き、学び、子を育て同国において尊重されるようになった。
 
 「多民族国家のブラジルでは2年一本ぐらい、公用語のポルトガル語がほとんど語られない映画が撮られる。その多様性はブラジル映画の特徴であり魅力だ。この映画はまだブラジルで公開されていません、日本で先行上映され、その評価がブラジルに反映されるはずです。ですから、是非とも、日本で成功させたいと思っていますし、日本人は地球の裏側で起きた同胞の悲劇を知る必要もあると思います」
 
 日本の映画人が今まで何故、こうした日系人社会の抗争を描かなかったのだろう。大戦中、米国における日系人社会の分裂を描いた映画はあった。しかし、ブラジルの悲劇はまだ一顧だにされていない。と思えば、中米のパナマでも、南米のペルーでも、またメキシコ全域に広がっていた日系人がメキシコ市に集められたことなど、大戦中の日系人の物語はまだ文章化されていないことも多々あることに気づく。
 いずれにせよ、日本語をまったく解さないアモリン監督によって完成度の高い映画が提出された以上、日本映画界は重い宿題を与えられたようにも思う。  (2012年春期・記述)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。