スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花もつ女たち №59  ティナ・モドッティ

ティナ・モドッティ (写真家 イタリア・米国・メキシコ 1896~1942)

ティナ


 波乱万丈を絵に描いたような燃える生涯を貫徹した女性。
 イタリアに生まれ、少女時代に出稼ぎで米国へ、紡績女工として働き、数年後、黎明期のハリウッドでサイレント映画の主役を演じ、将来を嘱望(しょくぼう)されるも、スター街道から蹴った。自分の演劇観に沿わないというのがティナの言い分。紡績女工時代、労働運動の一環、主義主張の情宣手段として、あるいは自己のアイディンティティを探り覚醒させる表現活動として演劇のもつ力を知った。そんなティナがサイレントなるがゆえ大仰で非現実的な身振り手振りで演じる愚昧(ぐまい)に辟易したということだろう。
 しかし、ハリウッドを出た最大の理由は写真家で愛人であったエドワード・ウェストンとメキシコへ出奔するためであったかも知れない。聡明な少女も恋愛至上主義のラテン女の気性は隠せない。
 ウェストンとの逃避行、メキシコ・シティで生活するうちに写真術を習得、その作品はメキシコ革命後の民衆の現実を切り取って南北アメリカ写真史に永遠に刻まれる才能となった。ウェストンも名も米国写真史に記載される才能だが、ティナには感性の前で脱帽する。
 
 (余談だが、ラテンアメリカ写真史、ということでなら、ティナ・モドッティより先に位置し、作例も掲げられるのが中米グァテマラの写真家ファン・ホセ・デ・ヘスス・デ・ヤス(1846~1917)。いかにもカトリック国の人という感じの名だが、元の姓名を屋須弘平という。むろん、日本人である。屋須弘平という。江戸末期、現在の岩手県藤沢町に蘭学医の息子として生を受け、自身、長崎に留学して蘭学を学び、一時、開業もしたひとだ。その人がグァテマラで写真館を開業した経緯は一遍の叙事詩だが、ここでは主題ではないので紹介にだけ留める。近日中に某誌に掲載した原稿があるので、それを整理して掲載したい)

 閑話休題。アメリカ写真史の序章に名を遺すティナだが、写真作品総数そのものは、これから発見されるものがあったしても百点前後に過ぎない。その最良の作品は1929年2月、メキシコ・シティの個展でほぼ出し尽くされている。個展以後の作品は残照でしかなかった。
 ハリウッドでのスター街道から自ら外れ、写真家としての名声も自ら宙吊りにし、ティナは社会変革の理想を求めて活動家に変身していく。いや、紡績女工時代の労働運動への再帰ともいえるか。しかし、ティナの周囲にはいつも華やかでスノッブの華が咲いている。
 先年、フリーダ・カーロの生涯を描いたサルマ・ハイエック主演の映画『フリーダ』が日本で公開されヒットしたが、そのワンシーンに1929年2月の個展会場の華やぎがあった。壁にティナの写真のニュープリントが実際に掲げられていた。そして、会場のフロアでフリーダとティナがタンゴを舞った。フリーダは男役、ティナは女・・・しかし、リアリステックにそれを描くなら、ともに男のステップを踏もうとしただろう。
 
 「旗をもつ女」という作品がある。個展で発表された作品だ。アナキズムを象徴する「黒旗」を掲げる先住民女性を街頭で撮ったものだ。ティナはその旗持つ先住民女性像は“自由の女神”と解釈された。
 メキシコの貧困、先住民たちの境遇をティナは繰り返し撮った。その一連の写真はティナのヒューマニズムの発露だろう。芸術性と社会性のみごとな融合は直感の美質がなせる業。メキシコ特産の果物・野菜、あるいは日常雑器を雄弁なオブジェとした一連の写真は後続のメキシコ写真家たちに深甚な影響を与えることになる。ティナが提示したメキシコイズムを超克することが求められることになったのだ。

 個展の終了とともにティナは何故か写真を放棄してしまう。写真芸術を否定したわけではなく、写真家たる自分を捨てた。
スペイン市民戦争が勃発するとティナはスペインに渡り共和派の戦列に加わる。そのティナの手にカメラはない。もし、写真家として従軍していたら最前線からロバート・キャパとはまた違った実像を遺してくれたかも知れないが、ティナという女性は、「もしも・・」という仮定を拒んだ才能だ。ゆえに市民戦争に敗れ、敗残兵となって生き延びた末、メキシコに戻ったとき、ティナの美貌は無惨に失われ、余命も3年しかなかった。
 *詳細は、拙著『フリーダ・カーロ ~歌い聴いた音楽』(新泉社刊)の第2部に収録。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。