スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文庫化されない本のために 5~6 イラン人の本

文庫化されない本のために 5~6
 ★いつの間にか消えて行く本がほとんどだが、それでいい。適当に消えてもらわなければ書店は雪崩を起こす。
文庫化されずに絶版となる本はもともと発行部数が少ないわけだから古書店でも入手困難となる。そういう本に限って、ブックオフの書棚を飾ることはなく、従来、扱うべき街の古書店は激減しているから、なおさら手にする機会は激減する。無論、消えてもいさかかも差し支えない本もまた無数にある。そんな本に未練はないわけだが、これは遺しておきたい、とも思うし、できたら文庫化して欲しいと思うものもある。そんな本を少しづつ自分のためにも書き残しておきたいと思うようになった。極私的読書ノートかも知れないが・・・。★

☆005 シリン・エバディ『私は逃げない ~ある女性弁護士のイスラム革命』
☆006 モハンマド・ハタミ『文明の対話』

ノーベル賞受賞者の著作は文学賞を除けば素人には総じて面白くない。けれど、その面白くない本も受賞直後のセールス時に出版社は慌てて刊行するのが風物詩のようなものだ。著作がなければ、科学ライターなどを動員して聞き書き取材などして旬が終わらないうちに店頭に積み上げる。そんな本も当然、面白くない。積年の研究の歳月に比べて余りにも時間を掛けていない著作が良いできであるはずがない。したがって文庫化などはもってのほかとなる。
 日本の自然科学の分野でノーベル賞を受賞した研究者のなかで文庫化にいたった著作をもつのは湯川秀樹、朝永振一郎のお二人だけだろう。お二人に共通しているのは若い頃に学んだ日本人としての素養、和漢の書に通じた知性が文章に味わいを持たせているからだ。
 平和賞受賞者には著作の多い人が多いが、これもなかなか文庫にいたらない。日本で唯一の平和賞受賞者は元首相の佐藤栄作だが、氏が受賞直後だったか、慌てて刊行した著作は講演などを掻き集めた速記録のようなものだった。政界引退後も回顧録は書いていない。アジアの平和賞受賞者のなかで日本で文庫化された著作をもつのはチベットのダライ・ラマ14世ぐらいだろう。それは資料価値もある立派なものだ。そして、ここに一冊、加えたい本がある。
 2003年の平和賞受賞者シリン・エバディの自伝的イラン現代史とでもいうべき『私は逃げない』、サブタイトルは「ある女性弁護士のイスラム革命」。イランで最初のノーベル賞受賞者であると同時に、最初のムスリム女性となった。

 イランのパフラヴィ皇帝独裁が崩壊し、その後、イスラム・シーア派の聖職者ホメイ二ーが神聖統治を統治をはじめた、いわゆるイスラム革命と呼ばれるものだ。その革命の推移を最初は政権内部から、やがて下野して一弁護士として投獄されながらもイスラム女性の人権を守るために不退転の決意で活動に従事した闘いの半生記である。
 シリンはパフラヴィ独裁下で検察官となった有能な公務員だった。そして、その独裁に批判的な立場をとっていた。しかし、女性がその能力にしたがって活動し、仕事をする自由を天賦の権利として享受していた。当時、首都テヘランなど住む都市住民は一部の厳格なイスラム信徒を除けば西欧なみの自由を享受していた。女性はヒジャブどころかミニスカートを謳歌していたのだ。
 ホメイニーの革命それ自体もイランの若い有能な女性たちの献身的な活動から成功した側面がある。しかし、彼女たちはやがて自分の首を真綿で締め付けるようになることをしらなかった。
 シリン自身、ホメイニーの時代に検察官の席を奪われ閑職に就かされ、やがて退職に追い込まれる。と同時に宗教差別的なイスラム法によっ て迫害される女性たちの権利を守るべく一弁護士として立ち上がってゆく。それを著わした本だが、けっして自己礼讃に陥らず、客観的に自己をみつめる聡明さがあるし、事件の事例も客観的な資料にできるだけ依拠して書こうとする努力も納得できる。
 日本ではいっぱんにイスラムの原理主義的な法学を一面的に捉える傾向があるが、その法学も長い歴史のなかでさまざまな流派が存在する。シリンのしたたかさと賢明は、権力がイスラム法学の下に女性を処断しようというなら、自分もイスラム法学を徹底的に学び直して、女性の尊厳をまもる理論武装をするという現実感覚だろう。そのための努力を惜しまない。
 イスラム革命下のイランの内実はなかなかうかがいしれない部分があった。その視界をシリンは公的な弁護士としての職能性から広げるとともに、妻であり母であるという生活人の視点も失わずに書かれている、そのバランスにこの人の聡明さがにじみ出ている。日本でいえばバブルに浮かれていた歳月の同時代史である。

 シリンが平和賞を受賞した当時、イランはイスラム法学者モハンマド・ハタミが大統領が、神権政治のドグマにあきあきした市民の期待に応えるように登場して間もない時期だった。

 ハタミ大統領はイスラム革命によって米国はじめ西側諸国との関係が悪化していたが、「文明の対話」を提言、2001年には「国際連合文明の対話年」とされた。それは世界的なベストセラーになった米国のサミュエル・ハンティントンの『文明の衝突』への反証であった。しかし、シリンのハタミ評価は低い。
 ハタミ自身、イスラム体制を厳格に維持しようとする派と、緩和を目指す勢力とのあいだで板ばさみとなっていた。シリンは裏切られた、とも書いている。しかし、ハタミ自身にはホメイニー時代に戻ってはいけないと思いながらも、その影響下にある宗教界、軍隊、政界を無視できなという位置でイランの舵取りをしなければならないという治世者の苦悩があったはずだ。それにイラクとの戦争で経済も疲弊していた。

 そのハタミ大統領の著作『文明の対話』が、シリンが平和賞を受賞する2年前の2001年に邦訳されている。「国際連合文明の対話年」ということで出版されたわけだが、この著作が少しも面白くない、少なくとも筆者には。いかにもイ スラム法学者というアカデミシャンの著作という感じで、政治家としての生臭さがない。実に折り目正しい著作であるが、イランを鳥瞰図式的に語っても、地を這う視点はない。イラン民衆の息遣いは少しも行間から立ち上ってこないものだった。しかし、ハタミ時代の評価というものは、むろん、その著作で語られるものではない。やがて、イラン国民が歴史の審判を下すだろう。
 ▼『私は逃げない』ランダムハウス講談社刊。▽『文明の対話』共同通信社刊。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。