スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンダ・ホーグランドさん ’60安保闘争の日本の国民的熱気を記録した映画『アンポ』を制作

28_02_s.jpg
'60年安保闘争を、日本の歴史において最大の国民闘争であった、と米国のリンダ・ホーグランド監督は考えてきた。それを映像としてどうみせるか、という手法を模索しているときに、監督は安保闘争前後に「アンポ」を主題とした絵画、写真がふんだんに存在することを知った。そして、それを人づてに聞き作品を“発掘”しながら構想を練っていった。
 
略歴
 日本生まれ、山口と愛媛で宣教師の娘として育った。日本の公立の小中学校に通い、アメリカのエール大学を卒業。2007年に日本で公開された映画『TOKKO/特攻』ではプロデューサーを勤め、旧特攻特攻隊員の真相を追求した。日本映画200本以上の英語字幕を制作、米国でいちばん日本映画に理解のある人だろう。

 ー監督は、アメリカ人ですがご両親の仕事の関係で日本で生まれ育ち、日本の公立学校に通われたという大変、珍しい少女時代を過ごしてます。当然、教科書も日本の子どもと同じものを使ったわけですが、日本の歴史、特に監督の母国アメリカに関わる歴史をどのように学んだのでしょうか? 個人的なご体験を。

 リンダ・ホーグランド そう、アメリカ人でありながら日本の子どものの立場で歴史を学ぶという特異なケースですね。ヒロシマのことを教えられたときはショックでした。その授業で私はクラスメートからいっせいになんともいえない視線を浴びたことを良く覚えています。その教科書にはヒロシマの被爆者の写真などはなかったですが、もし掲載されていたら私もまた違った印象をそのときにもっていたでしょうね。
 それからずっと後になって、映画にも出てきますが写真家の東松照明さんの写真集で被爆者がいまも後遺症で苦しんでいることを知りました。それには強いショックを受けました。その東松さんの写真との出会いがなければ、この映画も制作されなかったでしょう。

 ー映画には実に多くのアーティストが登場します。エッ、こんな人が安保闘争に参加していたのかという発見もありました。それだけ60年安保は芸術家たちに大きな影響を与えたわけですが、監督自身は最初からそうした方々を知っていたのですか。

 リンダ いえ映画を制作するなかで人から人へ、作品にもあそこにここにと発見できたのです。映画にも出てきますが、長いあいだ倉庫に眠っていた作品もありました。それは驚きであると同時に感動的な体験でしたし、それだけあの闘争が日本にとって国民的なものであったということですね。1945年の敗戦からわずか15年しか経っていないわけですから、多くの日本人にとって戦争の悲惨はまだ生々しい。ですから、アメリカの戦争に加担するような軍事施設の存在を許す日米安保条約は国民にとって平和を脅かすものと具体的にイメージできたのでしょう。そういう日本国民の平和への思い、その熱気が、特に若い芸術家たちの表現欲求のエネルギーとなっていたと思います。また、この映画では米軍基地の建設に反対する農民たちの闘争も、それを描いた絵画やニュース・フィルムをつかって触れています。
 沖縄や横須賀への取材も欠かせないことでした。沖縄の取材で佐喜眞美術館を訪ねました。その日、美術館館長の佐喜眞加代子さんが、修学旅行で訪問していた子どもたちに向って、美術館の屋上からみえる米軍基地を指さしながら安保問題、普天間基地について熱ぽく語っている場に遭遇し、慌ててフィルムに収めるということがありました。あれを演出でやっても迫力はなかったと思います。映画はいっさいの演出はありません。

 ー監督がこの映画を制作するまで残念ながら日本でこのような作品はなかった。という意味で貴重なドキュメントです。

 リンダ ありがとうございます。でも、映画ということなら日米安保によって存在している米軍基地を舞台にした優れた日本映画はありますし、沖縄の基地問題は繰り返し描かれてきましたね。映画は60年安保を主題としていますが、米軍基地の存在があることによって生じる矛盾も画家や写真家の作品を通して描いています。
 いま、沖縄の普天間基地の問題がありますが、おかしいですよ。いいですか沖縄には米軍将兵が15000人もいます。けれど北朝鮮と対峙する韓国にはわずか300人、ハワイだって5000人しかないのですよ。何故、沖縄だけと思いませんか? 米国の軍人がなにを考えているのか知らないけど、私には戦いで勝ちとった沖縄は自分たちのモノだと思っているようにしかみえないですね。
 映画で見るように、日本には社会性に優れた作品が60年安保前後にたくさん生まれています。日本の芸術は世界的に高く評価されているけれど、政治的な作品は知られていない。私はそうした素晴らしい文化遺産を世界に紹介したいと思ったし、日本の若者にも知って欲しいと思いました。日本にも民衆の抵抗の歴史が手の届く時代にあったことも含めて知って欲しかったのです。そして、現実には一堂に集めるのがむずかしい作品を映画という手段によってみせる「バーチャル美術館」を目指しました。成功したかな……?

 ー成功してます。雄弁だし。DVD化されれば貴重な資料となるでしょう。外国人のリンダさんがそれをやってくれたことに日本人として感謝します。

▼映画で作品が紹介されるアーティストたち=長野重一、池田龍雄、石内都、市村司、細江英公、横尾忠則、阿部合成、浜谷浩、東松照明、山下菊二、会田誠、丸木位里・俊、石井茂雄、山城知佳子、井上長三郎、中村宏、朝倉摂、石川真生、林忠彦、比嘉豊光、森熊猛、嬉野京子、浜田知明、長濱治、風間サチコ、桂川寛。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。