スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ライナー・ノーツ] リッキー・マルティンのラテンの血

リッキー・マルティンのラテンの血
  アルバム『ライフ』(CBSソニー*SICP918)のライナーノーツ
92687__180_180_0.jpg

 1996年12月、クリスマスの直前、中米グァテマラの酸鼻きわまりない内戦が終結した。リッキー・マルティンがその小国で内戦終期、二夜連続の野外コンサートをおこなった。
 市民を戦闘に巻き込むような市街地でも銃撃戦はなかったが、人権犯罪はまだ続出していた時期だ。コンサートがテロの対象になることはなかったが、そこに駆けつけるファンはそうはいかない。深夜、ときに日付の替わるコンサートが当たり前のラテンのイベント。帰路、どんな危険が待っているか分からない。安全を優先して会場の近くのホテルに部屋 を確保してコンサートに臨んだファンも多かったはずだ。
 メヌード(リッキーが10代に所属していたプエルトリコのアイドルグループ)在籍時代を除けば、リッキーのアルバムが日本で発売されたのは97年、『ア・メディオ・ビビール』が最初となる。ラテン諸国でのリリースから2年遅れての発売だった。そのアルバムから「マリア」や「ボルベール」のヒットが生まれた。筆者は、そのヒット曲、およびグァテマラのコンサートによってリッキーの存在を刻み込むことになった。帰路がけっして保障の限りではない、というコンサートに多くのファンをあつめた彼の巨(おお)きな力の目を見張ったのだ。
 グァテマラでコンサートが実現した前年、リッキーはブロードウェイ・ミュージカ ル「レ・ミゼラブル」に出演し成功を収めた。このステージの成功の後、しばらくハリウッドから「ウエストサイド物語」のリメイク版での主演を熱望する声が出た。その時、リッキーは明快にそれを拒んだ。
 「プエルトリコ、その文化にマイナスの既成概念を与えるような映画に出演するわけにはいかない」と。
 
 日本ではいまだに、「ウエストサイド物語」の人種差別的な側面に目を背け、ミュージカル映画の古典とまつりあげている。いや、米国でもさして事情は変わらない。リメイク版の発想そのものが根強い差別意識を象徴するわけだ。映画では、プエルトリコ人は粗野で向上心もない、社会の落ちこぼれとして描きだされた。リッキーの血はそれを拒否したのだ。多数のオス カーを受賞した映画「ウエストサイド物語」だったが、プエルトリコ系の女優リタ・モレノも助演女優賞を獲得している。そのリタはその後、プエルトリコ人の地位向上などを主張する人権活動に入っている。

 リッキーは安易に“社会的”発言をしない。しかし、ひとたび自分の名声が役に立つと思えば、それを厭(いと)わない。
 プエルトリコに帰属する小さなビエケス島がある。その島で米軍射爆場の撤退問題が噴出した際、リッキーは故郷の大衆行動に連帯した。射爆場撤退、ないしは規模縮小を求め、多忙な日々、時間のなかでインターネットでスペイン語と英語で国際的な支持を訴えていた。2001年のことだ。

 話は前後するが、98年W杯フランス 大会のメインテーマ曲を要請されたとき、リッキーは既成曲の提供を断り、新曲「ラ・コパ・デ・ラ・ビダ」を創った。これは実によく考えられた曲だった。
 ブラジル・バイヤ地方のリズム、サルサやキューバ・ジャズメンたちのピアノの運指、その巧みな強弱のリズム、かすかに聴こえてくるアコーディオン(ごとき音色)には主催国フランスに敬意を表してか、ミゼット音楽の感触も挿入していた。
 「ラ・コパ~」後、リッキーは意欲的に国境を超え、どん欲に音楽のハンターとなってゆく。
 本作『ライフ』はその流れのなかの激流であるかも知れない。音楽的な批評は別稿に譲るが、メヌード時代から脱退までという季節、ラテンアメリカ諸国は悪質な軍事独裁政権が跋扈(ばっ こ)し、内戦、クーデター、ありとあらゆる人権犯罪が繰り返されていた。国境を超えるツアーの日々、いくら目をつぶろうと時代の大気は若い感性を震わせた制したことだろう。そんな時代から蓄えられた音楽的滋養が本作のカロリー源となっていることは間違いない。 (2005年8月記)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。