スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変なヒト その3

変なひと 3

 その人は常磐線松戸駅西口、北風吹き抜けるコンコースにいた。
 喫煙コーナーでタバコを吸っているとコトコトコトトントンという乾いた音がする。リズムカルといえばそうなるけど正確にリズムを刻んでいるわけではない。不快ではないけど、それで気持ちがなんとなく高揚するといったコトコトコトトントンではない。コトコトコトの強さも一定ではないし、トントンの間にもズレがある。
 なんだ、と音のするほうに目をやれば初老の男が段ボールのミカン箱のようなものを台に、その上におもちゃのような小さな太鼓、でんでん太鼓の少し大きめのものを二つ並べて小さなステックで叩いているのだった。彼の後ろに小さなラジカセがあって、そこから流れる音 楽にあわって叩いているらしい。けれどラジカセが奏でているであろう音はまったく聴こえない。出力の小さなラジカセだし、周囲の喧騒にかき消されているようだ。
 コト、トントン・・・たまに工夫もある。トントン、ペシャ・・・とステックが外れて段ボールにあたったようだ。愛嬌があるといえば、そうなるが、ご本人、いたって気まじめに叩きつづける。リズムに合わせて頭を振るとか、足で調子を執るとかもしない。その足元にマックのMサイズの紙コップが置かれているので、そこに投げ銭でも集めるつもりかと思いきや、フタがある。なんだろうな、あの人と思っているうちに私、所用を思い立ち、その場を去り、数分後、そこに戻ってくると、かのステック叔父さんはいなかった。意外にこの手の変なヒトは多い。松戸駅は年に2~3度しか利用しないので、まぁ合うこともないだろう。残念である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。