スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花もつ女たち №67 ヴィヴィアン・マイヤー (写真家*フランス系米国人*1926~2009) 

花持つ女たち
 ヴィヴィアン・マイヤー (写真家*フランス系米国人*1926~2009)
マイヤー

 数奇な人生、といってしまうと何事かを語ってしまって予見を与える。しかし、ヴィヴィアン・マイヤーという女性のことを思うとき、とめどなく疑問の符点を連鎖したくなり、それを要約すると「数奇」な人生となるのだろうかと思ってしまう。
 家政婦としてベビーシッターとして働くつづけたヴィヴィアン・マイヤーという女性が83歳で死去し、その遺品がシカゴの小さな競売場でオークションに掛けられる。遺品のなかに、古い時代のシカゴの光景が写っている大量のネガが収納されたボックスがあった。それを写真に門外漢の青年が380ドルで落札した。青年はシカゴの歴史を自分なりに再構築したいと考えていたアマチュア歴史家。日本にもよくいる地方史家というものだろう。生業を持ちつつ余暇を趣味としての地方史に使う。ネガはその資料に役立つかもしれないと思ったのだ。それが、すべての発端だった。彼がいなければそのネガはゴミとして焼却され、マイヤーの存在すら彼女を知るひとびとの死去とともにまったき消えただろう。

 青年は写真をプリントしてネットで紹介した。この時代の特有の探索の方法だ。それが思わぬ反響を呼び、終にはニューヨーク近代美術館での回顧展に発展した。
 写真家と書いたが、マイヤーは生前、写真で1セントも稼いでいない。したがって写真家とはいえないのかも知れない。けれど、生涯、たった1枚の絵しか売れなかったというゴッホが画家であるならば、マイヤーも写真家といって良いのだろう。ただ決定的に違うのは、ゴッホは売りたかった、しかし、マイヤーは売ろうともしなかった。それどころかネガのままプリントすることもなく、「作品」としての写真を自分でみていないのだ? モーツァルトの多くの曲が生前、演奏する機会もなく埋もれたという挿話とも異なる。つまり、マイヤーはシャッターを切る、という行為に傾注した写真家といえるかも知れない。
 家政婦、あるいはベビーシッターとして働いたのは、生きてゆく手段であった。好きでやっていたわけでもない。子ども好き、ともいえなかったようで、幼時の面倒をおこたることも多く、ときに暴力でゆうことを効かせるということもしたようで、それが原因で解雇されてもいる。
 マイヤーはそうした家事労働で稼いだ金の大半を写真に注ぎ込んでいたのだ。デジタル時代の話ではないから、フィルム代だけで相当な金額になっていただろう。回顧展が開催された時点では、数十万枚のネガが存在したらしい、その後の発見もあるようだ。その作品総数は確定していなかった。それぐらい厖大な作品を遺した。発見されたネガのプリントも終了していないようだ。
 マイヤーはただひたすらローライフレックス、ファインダーを上から覗き込むタイプの二眼レフカメラのシャッターを切りつづけたのだ。
 このファインダーを上から覗き込むタイプの二眼レフは、筆者が最初にもった同形式のカメラであった。父親から譲られたものだった。このカメラは被写体の人物と視線をそらさずに撮影できるという利点のあって、これに執着したマイヤーは確かに表現者としての個性の持ち主だったことが分かる。しかし、マイヤーはプリントしなかったばかりか、フィルムの存在すら私蔵し、公にしなかった。生涯、独身を通したマイヤーに近い親族もいなかったから、死後、破棄され焼却されてしまう可能性もあったわけだ。マイヤーはそれを回避しようとも、また思っていなかった。
 つまり表現者としてのマイヤーはただシャッターを切ることで終わっていたのだ。
 まったく黙して語らなかったマイヤー。何故、写真を撮るのか、撮りつづけるのか? 何故、プリントしなかったのか? 人にみせようとしなかったのか? すべて謎である。セルフレポートもたくさん撮っている。それは若い時代から晩年に及ぶ。しかし、マイヤーはそれすらもプリントしていない。フィルムにただ記しただけだ。
 マイヤーに撮って写真とは、いや、生きるということはなんだったのか? 謎だらけ。
 マイヤー研究はいま、緒についたばかりだが、その写真と生涯は人間の存在の不思議さを象徴していよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。