スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディカプリオのオスカー受賞を記念しての回顧批評 2 『ワールド・オブ・ライズ』

ワールド・オブ・ライス リドリー・スコット監督
mv37636-l.jpg

 リドリー・スコット監督に正義・不正義の対立概念は希薄だ。だから「戦争」を批評する視点はすこぶる冷ややかであるし非情でもある。「戦争」の勝者がけっして正義の施行者ではありえないように、敗者もまた正義を叫びながら憤死するのだ。この監督の表現欲求に渦巻くエネルギーは現実世界へのペシミズムだろう。現実への理解を深めようと言う姿勢は、未来を予見しようという前傾姿勢だろう。たとえば初期の傑作『エイリアン』の基層にあるのは、宇宙開発という進歩によって、予見不能な未知との戦いがあらたに展開されるだろう、というデスペレートな思いから発したからこそ、ドラマとして深みをもったのだ。地球の都市そのものの未来像は、厭世的で退廃感もただよう『ブレードランナー』に描いている。それは、たとえばスピル ヴァーグ監督の『E.T.』や『未知との遭遇』のような芳しい出合いなど信じないものだ。

 現実世界との接触を強くもとめた映画に『ブラックホーク・ダウン』(2001)がある。北東アフリカの内戦地ソマリアに米軍は武力介入し、撤退を余儀なくされた事件に取材した作品だ。本作は、そのソマリア内戦にも関わる中東ヨルダンを舞台にした政治的アクション映画。イスラム原理主義者たちの武装組織を撲滅を目指す米国CIAと、ヨルダン国家情報局がそれぞれのやりかたで遂行する修羅場を描いたものだ。
 右に、CIAのハイテク技術と豊富な資金力を背に作戦指導をとるホフマン(ラッセル・クロウ)を置き、左に、ヨルダン情報局の常時ファンション雑誌から抜け出したようなスーツ姿で制服を着用しない将校ハニ・サラーム(マーク・ストロング)の主導する伝統社会に根ざしたローテクな作戦を置く。この配置が錯綜していて面白い。そのふたり の間で現地活動に生命をかけているCIA職員フェリスを演じたのがデオナルド・ディカプリオ。

 一人の米国人を守るためなら、中東の善良なイスラム教徒の一人や二人、“不慮”の死を遂げても仕方がないと考える役人がホフマン。現場から遠ざかってデスクワークの多くなって腹もすかったり膨張してしまったという官僚だ。その嫌味なふてぶしさをラッセル・クロウは好演。そんなホフマンに対立しつつ情報だけはありがたく戴き、ヨルダンの地縁・血縁、習慣・習俗を活用する捜査で実績をあげてきたハニの冷徹が際立つ。フェリスは双方の情報と技術を得つつ、いつも前線で身体をはっているのだ。
 ある意味、フェリスの位置はピエロ的な存在だが、現地にながく留まっていれば、誰だって 正常な感覚を維持するために活動地の文化にそれなりの共感をもち、人間的な親密感をもたないと狂ってしまうだろう。どんな活動にも「遠くの親戚より近くの他人」。転べば手を差し伸べるのは近くの他人である。

 本作では欧州の都市で破壊活動をつづけるイスラム過激派の組織を“悪”とは言い切っていない。その組織の指導者も血も涙もない異常者と描いてはいない。いまもビンラディンの戦いを畏敬する民族が存在し、その影響の下、現在も破壊活動を“聖戦”と信じて若者たちが生命を賭して戦っている。あえて書くが、そんな狂信的なイスラム青年に銃を向けられば、抵抗としてフェリスは引き金を引かざる得ない。そういう泥沼化した紛争の状況を複眼的に捕捉しようとした映画だ。
 
 スコット監督にとって はイスラム原理主義者たちをスクリーンに描くことは、同時代を生きる表現者として避けては通れないものだろう。フェリスの存在は映画に活力を与える貴重な存在であるが、映画の本質を体現しているのはホフマンの方だ。だから、監督はクランクイン前にラッセル・クロウに体重を20キロ増やすよう厳命した。そして、映画の興行面で集客をのぞめるディカプリオに汗を流してもらおうという意図があったと思う。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。