スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メキシコ・クンビアの王道ロス・アンヘレス・アスレス

メキシコ・クンビアの王道ロス・アンヘレス・アスレス

Los-Angeles-Azules-pusieron-el-roma_ange3-32629f04-bf0e-11e2-9062-7637b2d61c06-640x400.jpg

 クンビアといえば南米コロンビア,コスタ地方(カリブ沿岸)発祥のバジェナートと並ぶ民俗音楽。文学ファンならガルシア=マルケスのマコンドの舞台とおもってもらえば良い。
 バジェナートの拡大は限定的だが、使い勝手のよいクンビアはラテン諸国に広く拡散し、米国のチカーノ社会にも定着している。  なかでも最大のクンビア消費地はメキシコだ。南米ペルーのアマゾン地帯イキトス地方に発祥した個性豊かで熱気に溢れたクンビアを特例とすれば、コロンビア以外での量産地はまちがなくメキシコ。そして、メキシコの影響下に北は米国のチカーノ社会、南には中米地峡諸国の北部地域に伝播した。

 しかし、こうしたクンビアはまず日本に入ってこない。メキシコや中米諸国を舞台にした映画のBGMとしてスクリーンにお見えすることはしばしばあるが、ラテン音楽に詳しくないひとにはクンビアとも思われてないのだろう。
 メキシコ・クンビア界にとっては亜流としか思われていないはずの米国テキサス州、そこに住むメキシコ系市民はテハーノと呼ばれるが、その狭い社会から出て全米のスターになったのが故セレーナ。彼女のテクノクンビアも日本へは、遺作として入っただけだ。
 
 ロス・アンヘレス・アスレスはメキシコ・クンビア界を1980年代前半から牽引してきたグループ。
 取っ掛かりやすいクンビアということでメキシコには無数といってよいほどクンビアのユニットが結成され、いつのまにか消えてゆく。そうしたなかでメキシコ市の庶民街イツタパラパに住むメヒア・アバルテ兄弟によって家族ユニットとして結成され、今日まで30年間も大衆的な支持を受けていることは稀有な存在だ。
 日本ではまったく無名といってよいが、メキシコでいかにメジャーな存在であるかという証明する話題が届いた。
 いまやラテン・ポップス界の大スターとなったナタリア・ラフォルカデが参加したアルバム『ラ・クンビア・デ・インフィニト』が6月3日に発売されることになったからだ。ナタリアとロス・アンヘレスのギターリスト、ロドリゴとガブリエラが曲作りに知恵を絞ったようだ。ここにナタリアの言葉がある。
 「わたしはいつも彼らのファンだった。わたしが作曲という行為に情熱をだくようになったきっかけのひとつが彼らのステージに触れたことがきっけだったように思うの」、だから一緒に仕事するようになったのは、わたしにとってはとても自然なこと語っている。
 
 ロス・アンヘレスたちの音楽は、彼らの主要音色であるアコーディオンの雄弁性に縁取られたところがあって、その殻を破るのはファンも彼ら自身もできない。ある意味、充足した音楽世界だ。ナタリアもここでは突出することなくおだかやにロス・アンヘレスの世界に浸る。これまで多くの人気歌手との共同作業をつづけてきたロス・アンヘレスだが、すべて自分たちの流儀で、ある意味、独善に消化してきた。それで大衆には飽きられていない。まったく稀有な存在だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。