スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞽女を描く その3 金森敦子『瞽女んぼが死んだ』 瞽女、そして江戸和算(算額)の話

瞽女を描く その3 金森敦子『瞽女んぼが死んだ』

 作者の金森さんは、すでに特異な遍歴のなかで自己表現を全うした幾多の女性評伝を書き下ろしている作家として知られている人。寡作だが、いずれも他の作家が手をつけていなかった分野を敢然として踏査して、その作品は実に読み応えのある粒ぞろいの果実となっている。
 そんな金森さんに、本書のような小説集があることを最近まで知らなかった。収録されている作品の初出がいずれも同人誌という媒体であったこと、初版のみで絶版になってしまったからだろう。正直、本書の表題作のできからすれば、それもまた仕方がないかなと思う。
 若い瞽女さん二人の無理心中、と思われる“真相”を追う縦軸のなかで、越後瞽女さんたちの悲哀を描く、というものだが、語り口がすこしくどいところがあって、もう少し制御し、捨てるところは捨てる潔さがあっても良いと思った。しかし、金森さんにとって初期作品と思える本編で、すでに後年の取材調査を怠らないという姿勢が垣間見え、創作から評伝へステージを移して成功した才能の発芽がここにあると思った。

 本小説集のなかで、もっとも関心をもって読んだのが、埼玉の某神社にあった「算額」をみたことから発想された短編「算士とその妻」だった。
 江戸から明治初期、日本で独自の発展をみた和算がいかに地方、僻地まで浸透していたかを象徴する話である。豊とはいえない農民一家のなかで営まれていた高等数学の歴史が物語れている。「算額」とは、そうした市井のアマチュア数学者が編み出した高等数学の問題を例示し、その額をみたアマチュア数学者が必死にそれを解くという世界があった。
 江戸から明治、和算には関流・最上流・宮城流・宅間流など多くが存在した。それは、いわゆる芸道に似た世界であったのかも知れない。
 小説は、主人公の農家の青年が和算に見入られ、その妻もまた、和算の心得があり、数学を通して農村一家の春秋が描かれるという、これまで誰も手をつけなかったと思われる農村光景が展開するのだ。
 かつての日本にはそうした光景が実際にあった。明治維新後、急速に欧米文化を巧みに消化できた日本という国の知的土壌の豊かさというのは、こうした地方・僻村に営まれていた和算の事実をもってしても容易に理解できるものである。
 
 ちなみに現在、全国に「算額」がどれくらい残っているのかと調べてみると、全国に約820もあるそうだ。ほとんどが神社・仏閣に奉納されたかたちで残されているわけだが、その分布をみると、どうも幕末の政治に主役を演じた諸藩には少ないようだ。和算より国学に重点が置かれていたように思う。たとえば、北関東では群馬、栃木、北埼玉に多く。茨城には少ない。水戸藩が独自の国学を発展させていたことはいうまでもない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。