スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・サルバドル 「国民的歌手アルバロ・トレス」の活動

国民的歌手アルバロ・トレスの活動
yjimage (4)
 その頃、能天気ともガサツとも思える中米地峡のクンビアのあいだを抜けるようにときどき、清涼な風のように届く声があった。その声がエル・サルバドル出身のアルバロ・トレスのものであることを知ったのは、首都サン・サルバドルの複製カセット売りの青年からだった。その頃とは、エル・サルバドルが内戦下にあった90年代後半である。

 今年4月、中米エル・サルバドルの国民的、と言ってよい歌手アルバロ・トレスが3年ぶりに新作アルバム『オートラ・ビダ』を発表した。キューバ・ツアー中での発言だった。トレスの名を聞くと、私はたちまちサン・サルの高温多湿の街頭光景が、その暑気とともによみがえってくる。
 トレスにとって2度目のキューバで、初ツアーは2011年に実現している。当時のビデオが残っていてハバナ旧市街を散策中、トレスの存在を知った市民たちが歓迎の思いをこめて彼のヒット曲「ナダ・セ・コムプラ・コンティゴ」を和す場面はなかなか感動的だった。
 エル・サルバドルの歌手としてはじめて音楽大国キューバでのツアーを成功させたことはすでに多くの中米メディアは伝えられている。
 キューバとエル・サルバドルは、現代史において特異な親密性がある。
 1980年代、エル・サルバドルは中米紛争のなかにあってもっとも悲惨な内戦を展開していた。米国のオリバー・ストーン監督の映画『サルバドル』や、近年では『イノセント・ボイス』でも内戦の深刻な状況が描かれていた。本格的な内戦がはじまる前、日本の企業経営者が警察と反政府武装組織とのあいだに起きた銃撃戦に巻き込まれて死去する事件もあった。その内戦下、政府軍に対峙した反政府武装組織ファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)の指導部が避難地として、また負傷者たちをキューバは受け入れていた。内戦後はキューバの医療団が送られ各地で活動した。現在の同国マウリシオ・フネス大統領は内戦後、合法政党化したFMLN出身である。

 今回、トレスのことを記したと思ったのは9月下旬、首都サンサルバドルの女性ガン患者を治療する病院内で、百人ほどの患者を前に小さなコンサートを開いた記事を読んだからだ。
 トレスの全盛期は1980~90年代であった。これまで30枚以上のアルバムを発表しているが、その大半が祖国での自由な活動がゆるされない時代の制作であった。おそらく平穏な時代であれば、母国エル・サルバドルだけでなく中米諸国でのセールスは飛躍的に伸びたはずだが、社会状況がそれをゆるさなかった。
 トレスの歌には社会性は希薄だ。おだやかなポップスであり、基本的にボレロだ。内戦下のエル・サルバドルでは大衆は各地に拠点をかまえるローカルなクンビア・バンドのリズムに乗せて踊っていた。トレスにもクンビアやレゲェのテイストを取り込んだ歌がある。しかし、そうしたリズムを使いながらも、すべて、おだやかなトレス節に仕立てる、そんな歌手だった。戒厳令下の夜、外出が禁じられた家のなかを癒す音楽にトレスの愛の歌があったのだ。同国がもっとも苦難に満ちた時代の民衆によりそった癒しであった。 女性ガン患者を前にしたアットホームなコンサートは国内ツアーを準備中の出来事であった。  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。