スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『永遠のハバナ』 フェルナンド・ペレス監督

『永遠のハバナ』 フェルナンド・ペレス監督
永遠のハバナ

 昨年5月号本誌(月刊誌『ラティーナ』)で「ハバナ組曲」として紹介した。字幕も入っていないビデオをキューバ大使館の提供で観て、その印象を書いた。早期公開を期待しての応援団的な原稿だったから、少々、甘口の評になった(と正直にかいておこう)。1年後に一般公開が実現した。原題Suite Habana。
 ビデオで〈見えなかった〉ことが、スクリーンでは〈見えた〉と思った。無論、物理的なものではなく、監督がスクリーンで公開することを前提に制作したフレームに沿って醸し出される、なんとはなしの雰囲気である。あるいは劇場に響く音の効果も無視できない。
 ハバナの歴史風致地区。海に面した旧市街は観光地である。表通りに面した建物は風情があるし、「観光」用の普請も進んでいる。しかし、外壁の内側で暮らす市民の生活は総じて貧しい。映画は華やぐ「観光」とまったく無関係に日常を過ごしている人たち、数組の家族、その一人ひとりに親密に寄り添って一日を淡彩に描く。
 ダウン症のフランシスキート(十歳)と左官の父フランシスコ、祖母ノルマ(七十歳)、イバン(三十歳)は病院勤務の青年、エリベルト(四十歳)は鉄道修理工、企業の勤務医ファン・カルロス(三七歳)、路上でピーナッツを売って家計を助ける老女アマンダ(七九歳)といった庶民……。無論、はじめてカメラの前に立つ人たちだ。平凡な日常である。月並みな光景でもある。しかし、退屈なドキュメントではない。
 監督は1990年に、革命直前のハバナを舞台に貧しい女学生たちの青春を描いた『ハローヘミングウェイ』で注目された才能。スコールのなかで戯れる少女を映した美しい序章が印象的だった。本作の雨もまた雄弁。光のなかで撥ね飛ぶスコール、静寂を誘う夜の雨……。監督は雨にも心性を与えて庶民と対話させている。
 雨を使って抜群の手腕をみせたのはわが黒澤明監督であったが、ペレス監督もまた、雨に詩を見出す映像作家だ。そう雨も演出しているのだ。そうやって控え目だが、その実、雄弁な演出を各所に刷り込ませて一編の叙事詩を描きあげている。
 皆、生きがたい生活を支えるために働いている。それが昼の顔、光景であって、夜は市井の人にささやかな慰安をもたらす。熱帯の夜は太古から自由の象徴であったかもしれない。一部の労働歌や闘争歌をのぞけば、キューバ音楽の豊穣は水平線に太陽が沈んでから生まれたものが大半であったはずだ。
 イバンはクラブのステージで踊る。家の修理で汗を流して働いていたエルネスト青年は、夜はクラシックバレーのダンサーとして踊る。靴修理屋のフリオ老人も夜ともなれば往時のプレボーイぶりを発揮すべくパリッとしたスーツに着替え、ダンソンのステップで女性で誘う。夜が更けるのは早いが、そこにまぎれもない滋養としての闇がある。
 キューバの夜の豊かさだ。革命前から培ってきた夜の文化は、その猥雑性も含め、捨てようとはしなかった国である。そのあたりは同じように社会主義を標榜したソ連・東欧諸国とは根本的にちがう。キャバレー「トロピカーナ」は国営でありつづけた。
 「革命」の成果がもしGNPで象徴されるならキューバは失敗だ。米国の経済制裁という足かせ手かせがあるにしても、社会主義的成果とやらはいまだ道険しい。だから市民は辛い。「貧しさの平等」を目指した革命とはいっても、ドル解禁後には貧富の差が拡大している。映画に登場する人たちはそのドルに接近できない人ばかりだ。そういう意味では、映画は現在の経済政策にを批判的な立場をとっているように思う。
 ハバナだけで三〇万の市民が本作を観映したという。声高に政府を批判できない市民が、劇場に足を運び本作を支持する。その行為そのものが市民が生活実感として控え目な経済政策批判を行なっているものだと思う。
 
 乾いたリリシズムに満ちたピアノで繰り返されるテーマ音楽。絶品といってもよいスコアを書いたのはエデシオ・アレハンドロ。キューバ映画の音楽としては、『苺とチョコレート』のホセ・マリア・ビティエール以来の傑作だと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。