スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グァテマラ日本写真館主人ファン・ホセ・デ・ヤス    ~屋須弘平の生涯  其の六 帰国、そして再度の渡航へ

グァテマラ日本写真館主人ファン・ホセ・デ・ヤス    ~屋須弘平の生涯  其の六 帰国、そして再度の渡航へ

 一ヶ月半を費やし六月、屋須を乗せた船は横浜港に入港した。
 岩手の故郷・藤沢に帰郷すると老いた母をともない上京、ただちに築地に写真館を開く準備をはじめる。屋須も不惑を越え、前半生の決算をつけようと考えていた。
 しかし、ここにまた運命のいたずらと遭遇することになる屋須であった。人一人の歴史にかくも「海外渡航」、しかも帰路はともかく向かう片道切符は無料、それも明治という時代に一市井の人であった男が関わった。それだけ、屋須にはそうした大事を迎え入れる才覚と幸運があったということだ。屋須の天性ともいえる言語能力の高さ、消化力が大事の受け皿になったわけだが、しかし、幸運とばかりはいえないだろう。晩年の望郷の念の強さは後味の悪さもつきまとう。

 屋須の帰国を待っていたかのように、この頃、南米ペルーのアンデス地方での銀山開発計画というのが具体化していたのだ。日本における最初の海外事業の試みとして明治産業史に載っているもので、当時、世間の耳目をあつめていた。この事業を推進するため日秘鉱業株式会社が設立された。代表は後年、二・二六事件で斃れることになる高橋是清であった。
 ペルーの銀山を日本人が経営し、採掘も日本人鉱夫がおこなうという当時の日本として遠大な計画である。高橋は鉱山技師、鉱夫ら17人をあつめた。そのなかに屋須弘平の名があった。

 「セニョール高橋から呼ばれ、ペ ルーでセニョール・ヘーレンと共同で鉱山を開発する計画を打ち明けられた。」

 高橋は、「外国での事業のことだから、その国の言葉に精通した者がいないと何かと不都合である。是非、同行してもらえないか」とつづけた。

 「私は承諾したが同時に老いた母の同意なしには不可能であるとも告げた。そこでセニョール高橋はある人物を母のもとに送り、説得させた」

 14年ぶりに帰国した屋須であったが、親子水入らずの正月を一度も迎えることなく、その秋にはふたたび船上の人となった。

 翌1890年2月、一行は難行苦行の末、標高5000メートルの高地にあるカウワク銀山にたどりついた。
 「非常に寒い、ことに塵寰(じんかん)を絶した高峰の奥深き所であるから、寂寥言語に絶するものがある。かねて覚悟はして来たものの、私は果たしてこんな所で仕事が出来るかと思った」(『高橋是清自伝』より)
img_0_m.jpg五味篤『銀嶺のアンデス -高橋是清のペルー銀山投資の足跡-』から

 銀山に到着から1ヶ月後、調査のための試掘などによって、すでに掘りつくされた廃鉱であることが判明、責任者の高橋は善後策を迫られ急遽、帰国することになった。そのあいだ屋須は、鉱山技師や鉱夫らとともに山に残った。
 3ヵ月後、東京へ戻った高橋から鉱山開発事業を停止するという連絡が山に届き、下山することになった。それからペルーの海の玄関、カヤオ港から帰国のためパナマに向かう船に乗った。その帰路の途上、屋須は懐かしいグァテマラに寄り道しようと思った。屋須にとってペルー行きという思いがけない長足の旅が与えれたのは、銀山開発こそ不調に終わったが、僥倖(ぎょうこう)といえるものだった。そして、この機会を利用して、三度のグァテマラ入りはありえないと思いグァテマラに立ち寄ろうと思ったのだ。
 パナマ港に着くと、数ヶ月、苦楽をともにした日本人一行から離れ、日本での再会を約束して、屋須は下船し独りグァテマラ行きの通船に乗り換えた。
 グァテマラに到着して友人知人と旧交をあたためている最中、隣国エル・サルバドルとの戦争がはじまった。外国船が入稿する港は軍事優先となり、いざ帰国しようという段になって出国ビザが発給されなかった。そうして無為な日々を過ごしているあいだに手持ち金も少なくなった。

 「それでグァテマラにしばらく留まることに決め、金をつくるためふたたび写真館を開業することにした。」

 「あらたに写真機材をニューヨークに発注した」という内容の手紙を日本の友人に書き送っている。それを読むと、旅費と帰国してからの事業資金を蓄えたらグァテマラを引き上げると考えていたこともわかる。
 写真館には以前の顧客も戻っただろし、腕の確かさはすでに大統領や大司教の肖像写真などの仕事で認知されている。以前の盛名は事業を後押しした。常識的にいって数年で帰路の船賃と、日本での写真館を開く資金も蓄えたはずだ。しかし、屋須はふたたび日本に土を踏むことはなかった。その大きな理由はグァテマラの女性の恋人ができたためだ。
 不可抗力でグァテマラと出会い、ふたたび戦争という個人の力ではどうしようもない波頭に翻弄されて滞在を余儀なくされた屋須であったが、今度ばかりは恋愛という自らの心の揺らぎによってグァテマラの地に根付くことを選び採ったのだ。彼女の名はマリア・アングロ・ノリエガという。
 マリアとの出会いは、屋須が再度、写真館を開業した時期、下宿していた家の娘であった。
 1891年、屋須はマリアと結婚する。本連載の第一回目のカット写真は、その結婚当日、屋須の写真館で撮られたものだ。 (つづく) *後日、補筆・訂正の予定。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。