スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名アラカルト №22 小野田寛郎 〈最後の日本兵〉

署名アラカルト №22 小野田寛郎
小野田寛郎 太平洋戦争終結後、29年(!)も日々、臨戦態勢でフィリピンのジャングルのなかで銃の手入れ怠りなかった〈最後の日本兵〉。予備陸軍少尉に与えられた任務は、諜報活動。ヒロシマ・ナガサキを知り、天皇の人間宣言を知り、東京オリンピック、新幹線の開通など日本の繁栄を把握しつつ、任務が解かれるまで戦いつづけることを帝国軍人の誇りとした人だ。
 フィリピンで戦中の上官だったひとに任務が解かれ、日本に帰国したときに「英雄」として迎えられもすれば、「軍国主義の亡霊」といった蔑みすらあった。
 私は小野田さんを肯定的にみている。帰国後、保守的な組織や団体に、その名の力を貸していたことも当然の成り行きだと思う。大東亜戦争を肯定する思想をもたなかれば、戦後29年もの歳月はむなしいものになるだろうし、戦後ともにジャングルで暮し戦った戦友を27年目に亡くしてしまったことは慙愧でしかなくなる。
 虚勢で信念は貫徹できない。〈最後の日本兵〉小野田さんの署名は律儀な常識人の筆使いだ。そこには左翼系から指弾されるような「亡霊」とか、「軍国主義の権化」と指弾された狂信的な気配は筆の一画に影を落としていない。不特定多数の人の求めに応じて記された署名だがら、早書きの緩みはある。でも、できるだけ丁寧に応じようという気配はしっかり伝わってくるものだ。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

上野清士

Author:上野清士
店長の最新著書

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。